水煙俳句叢書第21巻★   

艫綱/藤田荘二句集
序文:高橋信之 跋:高橋正子
水煙俳句叢書第21巻/平成20年11月25日発行

定価1000円
画像をクリックすると拡大します


句集「艫綱」10句

菜の花の風がこぼれて町中へ

桜咲く朝日が初めにあたる木に

太陽も空もわがものみずすまし

雷一閃輸液の管の青白し

救急の受付ひそと息白し

 留萌
冬怒涛藍濃きところ高々と

 畏友井上実君の葬
どこよりも青き梅雨晴れ骨納む

 横浜港
稲妻に艫綱青き水垂らす

 山下公園
冬の日を背負う女神にかもめ寄る

 外人墓地
薔薇絡むレリーフの目の深き彫り


ご注文

俳句雑誌「水煙」
223-0062 横浜市港北区日吉本町3丁目40−41−105
(IP電話・Fax)050-3641-8827
(電子メール)sn2008office@mail.goo.ne.jp

戻る