水煙俳句叢書第18巻★   

能笛/黒谷光子句集
序文:高橋信之 跋:高橋正子
水煙俳句叢書第18巻/平成20年9月20日発行

定価1000円
画像をクリックすると拡大します


句集「能笛」10句

竹林の撓みゆたかに春の雪

この道の先は海らし十三夜

湖の街歩き梅の香のいくたびも

湖北の灯近づき冬の旅終る

比良を背に菜の花明かりひろびろと

朝の鐘撞く境内の雪明り

朝日差す御堂へ今日は豆御飯

大き蕪一つを抜きて提げ帰る

選り終えて夜の灯りに青山椒

 長浜八幡神社薪能
能笛の秋夜の杜へ風と消ゆ


ご注文

水煙発行所
223-0062 横浜市港北区日吉本町3丁目40−41−105
(IP電話・Fax)050-3641-8827
(電子メール)sn2008office@mail.goo.ne.jp

戻る