句集の序文/高橋信之

【T】
[高橋正子句集] [戸原琴句集] [堀佐夜子句集] [安丸てつじ句集] [野田ゆたか句集] [原順子句集] [藤田裕子句集] [岩本康子句集] [柳原美知子句集] [古田けいじ句集][水煙合同句集] [野上哲斉句集]
【U】
[碇 英一句集] [霧野萬地郎句集] [吉田晃句集] [相原弘子句集] [北村ゆうじ句集]


高橋正子句集「花冠」

 正子さんの俳句は、インターナショナルであり、インターネットである。

   ベルリン
  カスターニエの青き実曇天よりもげば
 
 この句は、ドイツの句会に家族で招待されたときのもので、カスターニエと曇
天というドイツの風土にふさわしい言葉を使って、季感溢れる風景を詠むことに
成功した。この句には、季語はないが季感があって、その奥の風土と自然を捉え
た。ものの本質を見たのである。日本の風土に捕らわれずに、ドイツの風土を確
かな目で見た。ここがインターナショナルである。

  パソコンを消して露散る夜となりぬ

 海外の俳人たちとの交流は、三十数年になり、インターネットでの俳句交流も
長い歳月を経て、自らの句を育てている。

  来たぞ来たぞいつもの目白が蜜吸いに
  野ばら咲く愛のはじめのそのように
  スイートピー眠くなるほど束にする
  白バラの空気を巻いていて崩る
  胸うちに今日の夏野を棲まわせる

 これらの句は、俳句が詩であることを教えてくれる。言葉のいきいきとした律
動があって、紛れもなく詩である。在り来たりの五七五という音数律に縛られた
ものでなく、作り手自身のリズムがあって快い詩情が伝わってくる。
 正子さんの俳句の基本を指導したのは、川本臥風で、その先生が臼田亜浪なの
で、その影響を素直に受けた。自由であって、ものの本質を見ることを学んだ。
さわさわと吹く風に深さを感じ取るように、句がさわさわとして深いのは、その
成果なのである。

  さわやかに行きし燕の戻り来る
  春の蕗提げしわれにも風が付く
  わが視線揚羽の青に流さるる
  天草の乾いた軽さを腕が抱く

 本句集の代表句を挙げるすれば、

  水に触れ水に映りて蜻蛉飛ぶ

を採ることに、躊躇うことはない。俳句の「まこと」を読み取ることができるの
で嬉しい。

 平成十五年早春
                      高橋信之


戸原 琴句集「空の青」

 琴さんの俳句は、根っからの自由で、そこに強さを秘めている。そして、楽しい。

 春愁やあご髭があればとなでてみる
 夢中になれることあり空豆をむく
 サラサラと生きるのが良し星祭る

 自由であれば、何事にも明るく美しく振舞う。

 音涼し水の中にて花を切る
 外国への荷物にそえし紙風船
 こんもりとした明るさに楠若葉

 琴さんは、ものを真っ直ぐ見ているので、その本質が見えている。

 シャボン玉息吹き込まれ生まれしもの
 朝市のぶどうの葉にのせぶどう売る
 もみじ葉の触れ合う音も降りて来ぬ
 雪すべて降らせて戻る空の青
 
 これら句が世に出て多くの方々に喜んでいただけるものと思い、句集「空の青」
を推奨する。

 平成十五年四月
                      高橋信之


堀佐夜子句集「はなむろ」

 佐夜子さんの俳句は、いろいろな読み方ができるので、楽しい。美しいものに心
が向けば、

 シクラメン明日は真紅の花と思う
 思いっきり水を飛ばして虹つくる
 星飛ぶやカーテンすこし開けて寝る
 
という句が生まれ、小鳥たちに心が向けば、

清明の空へ真っ直ぐ鳴く小鳥
雀の子のんど上げつつ水を飲み
揚雲雀鳴きて鳴きつぐ野の道を
初蝶の見えなくなって白い空
揚羽蝶朝の日差しにひかり飛ぶ
河川敷あきつ飛び交い空青し

という句が生まれ、無邪気な童心があって、芭蕉の教えを思い起こす。

 麦藁帽朝の挨拶して通る
 つつじ咲く路地に来ているパン屋さん
 幼な名を呼ばれ振り向く秋祭
 かしましく来て新米を置いて行く

 これらの句では、作者を取り囲んで、昔ながらの共同体が生き生きとして楽しい。
家庭では、

 十三夜と言う吾に歌い出す夫

と詠んで、ここでも楽しい生活があるが、

 カトレアや何処へも行けぬ妻なれば
 光るものひとつ身に付け冬の街

と詠んで、佐夜子さんの厳しい境涯を語ってくれる。

 白露の夜パソコン俳句麻痺の手ぞ
 車椅子降りてふらここ漕いでみる
 炎天下影短くて車椅子
 若草に我が両足を立たしめる

 佐夜子さんは、脳性麻痺という重度の障害者だが、天性の明るさと無邪気さが強
さとなって、周囲の人たちに元気と勇気を与えている。パソコンを駆使した俳句に
は、眼を見張るものがあって、これが佐夜子さんの前向きの強さなのである。

 鳥図鑑さがすパソコン春灯に

佐夜子さんの俳句には、しっかりしたものがあって、読んでいて安心できるが、生
活態度がしっかりしているからで、よい俳句は、よい生活から生まれるものだと教
えてくれる。

竹涼し青き日差しの幾筋も
 眠りても十六夜の月光胸に
 露草の青い空気へ車椅子
 オリオンを傾けさせて冬が来る

 これらの句のレベルの高さをうれしく思い、句集「はなむろ」を世に送り出すことを喜ぶ。

 平成十五年初夏
                      高橋信之


安丸てつじ句集「青滴る」

 てつじさんの句には、ふるさとを詠んだものに佳句が多い。日本海に面
した越前である。

 少年の日のふるさとの流れ星
 故里の雪匂わせて餅来る
 ふるさとの海の暗さや達治の忌

 また、母を詠めば

 味噌雑煮ふるさとの味母の味
 母と炒る蝗香ばし懐かしき

の句があり、父を詠めば

 達筆の父の書掛ける大暑かな
 ハイカラの亡父(ちち)のジレット錆鮎色

があって、てつじさんの句の原点を見せてくれる。
 そして、ご自身の妻や子らも

 庭いじり妻の帽子に蝶の来る
 仕事初め子の呉れしタイ締めてみる
 鳥曇り一時帰国の子を送る
  NYテロ
 九月テロ逃れし中に我が子居し
 鳥渡る防塵マスクの吾子の街

と詠んで、読み手に訴えてくる家族の情が率直である。
 てつじさんは、エリートの道をずっと歩んでこられたが、ふるさとや家
族を思う心に人間的な暖かさがあって、それは、決して情に流される、と
いったものではない。身辺を見る視線がいいのである。

 キャミソールにうすく羽織りて街は秋
 ケンゾーも去り行く秋のシャンゼリゼ
 花柄のスカート溢れ街は春

 てつじさんは、一貫して繊維関連の仕事をなさっているので、ファッシ
ョン関連の句が多く、これらは、異色であるが、軽くて明るい。職場や家
族の生活が見えて、そこには、いい人生がある。
 句集「青滴る」を代表する一連の佳句を挙げるとすれば、

 怒涛聞こゆ活けし水仙眺むれば
 湖沿いに冬枯れの野を列車行く
 秋鯖を焼けば若狭の海の香に

等があり、本句集全編を読み終えれば、俳句のひろびろとして楽しい世界
が拡がる。

 平成十五年仲春
                      高橋信之


野田ゆたか句集「行く春」

 野田ゆたかさんの句歴は長いが、その俳句は、一貫した筋が通っているので快い。
結社に属せず、職場俳句で育ったので、それが幸いし、俳句の筋を通すことができ
た。ゆたかさんの職場は、大阪府警であった。

 草萌や嬉しき内示貰いたる
 号令を腹の底より若葉風
 年の瀬の灯をあかあかと警察署
 初射撃正中を射て空真碧

定年を迎えての心境は、

 定年の闘志再び木の芽風
 還暦も職を退く日も蜆汁

と詠んで、ゆたかさんらしい良さを見せてくれる。

 警察官としての俳句は、趣味で通したが、これが幸いし、人間らしい作品を残した
。生活のある俳句なのである。

 浮浪者の語る身の上片紅葉
 冬日和交番巡査蒲団干す
 毒蜘蛛を手にせし巡査とりまかれ
 監房の窓一枚の良夜かな

 ゆたかさんの人間らしい優しさは、家族を、そして妻を詠んだ句に多い。

  孫礼美子
 幼子が雛の牛車を欲しがりぬ
  次女祥子
受験子に今日の茶断ちを言わずおく
 蜜柑むくギブスの妻に手を貸して
 初髪や妻に育児の日々ありて
 初買は妻の誕生祝う花

 父母を詠んでは、

 ちゃんちゃんこ大往生の父の骨
 母の日やしみじみ母の丸き爪

という句があって、読み手の心を打つ。
 私とゆたかさんとの出会いは、インターネット上だが、それは、ご縁があってのこ
とである。ゆたかさんのご長男が私の大学での昔の教え子で、私を、ゆたかさんに紹
介していただいた。私の職場の愛媛大学とゆたかさんの職場の大阪府警が俳句と家族
によって繋がった。俳句と生活との繋がりがいい。
 ゆたかさんの俳句は、職場俳句からインターネット俳句へと世界を広げたが、その
内容と姿勢は、揺るがない。ゆたかさんの生活する心がいい。俳句に向かう心の姿
がいい。

 寒餅を搗き上げ空の美しき
 ばりばりと図面を広ぐ寒灯下
 白息を集めし現場緊張す
 一年を一表にして事務納
 一村を闇に沈めて冬銀河
 ものの芽の一歩も退かぬ出の構え
 嬉しくて菊を抱えて職場まで

 ゆたかさんは、関西に住んで、その日常に野球を楽しむ姿があって、読み手を楽し
くさせてくれる。

 春月をあげて開幕巨神戦
 茹であげし枝豆どんと巨神戦

 京都大阪周辺を詠んで佳句があるのは、それがゆたかさんの日常なのである。
 
 ラガーらの声押し戻し生駒山
 叡山の水存分に山ぼうし
 御堂筋還る地のなき落葉散る 

 野田ゆたかさんの俳句は長い歳月を掛け育てたもので、一貫した筋が通っているの
は、作り手の生活の姿勢がいいからであり、作り手の人間が読み取れ、その人間らし
い姿に引かれる。俳句というものの良さを教えてくれるので嬉しい。

 片蔭に己の影を引き入れぬ
視野高く置きて寸又の星涼し
 人の手に触るることより新豆腐

 これらの句は、季節をうまく捉え、人間の生活を表現することに成功した。

 平成十五年夏
                      高橋信之


原 順子句集「花菖蒲」


 原順子さんの人生は、決して平坦なものではなく、家族ともども、社会の激動に
翻弄された。日本国家の運命とともにあって、敗戦の苦難を少女時代の体験とした。
順子さんが少女時代を過ごしたのは、北朝鮮の羅津で、その直ぐ近くでロシアと中
国と北朝鮮との国境が接しあっていた。父君は、旧満州鉄道に勤務しておられた。

 ポプラ茂る未だ国交無き母校
 桜草鈴蘭の季の羅津が好き

 昭和二十年八月九日のソ連参戦までは、戦時中と言え、子ども達は平和な日々を
過ごしていたが、それからの生活は、

 機銃掃射夏草の壕に辿り着く
 霧しるけき路傍幼なの冷え逝きぬ
 兵の屍をそむけつ歩む炎天下
 霧深し野宿の群れは日本人

となって、百八十度転換とは、このことであろう。
 順子さんの句には、折々の感慨が率直に述べられ、人生を語ってくれる。

 生真面目が世に疎まるる春愁う
 子を持たず数の子を食む音哀し 
 恋すてう記憶はおぼろ桐の花
 我が人生楷書で生きよ五月晴れ

 順子さんの女性としての感覚を見せ、しかも力強さがあって明るいのは、花の句
で、

 一筋の葉脈強し花菖蒲
 紫陽花まん丸ひと花ずつの個性
 明るさは花舗から菜の花金盞花

 食の句も、順子さんらしさがあって、作者を取り囲む人々のいい姿が見えてくる。

 ペーチカで母手作りの焼リンゴ
 春野菜両手に友の笑顔と逢う
 流しには小鯛ピチピチ山うども
 山椒の芽香る厨に味噌を擂る
 巻寿司に阿波の祭をなつかしむ

 幼い子ども達と接すると、苦労をした人にある特有の優しさを見せる。

 線香花火へっぴり腰の児の指に
 児の相手切符は萩の花もあり

 原順子さんは、七十年近い生涯を正直に生きてきたし、これからも正直に生きて
ゆくことであろうと思うが、正直であることは、強く、そして優しくあることでも
あろうと、そのことを嬉しく思う。

 平成十五年夏
                      高橋信之


藤田裕子句集「春の蕗」

 藤田裕子さんの俳句は、学生時代に始って、細く長く続けておられる
ので、一言で言えば、おとなしい句柄だが、一つの芯が通っている。作
者の人間性が見え、その生活がいい。


 子の寝息軽やかなりし春の宵
 春の蕗シャキシャキとして母の味
 父の墓石洗う秋暑き日に
 栴檀の花蔭に入る旅の朝
 抜きたての大根ずしりと土の匂い
 白味噌の雑煮囲みて恙無し

 この作句態度は、句歴四十年を経て、些かも揺るがない。句の
すべてが明らかで、言葉に偽りがない。

 平成十五年夏
             高橋信之


岩本康子句集「富士を登る」

 康子さんの俳句は、真っ直ぐなので、それが強さとなって、読み手を
惹き付けている。その俳句の良さは、英語教育の専門家の力をもって、
英語俳句が引き立たせていることで、日本語と英語が相俟って、その相
乗効果でレベルを上げた。

 黒土に美しき青麦幾筋も
 春雷や沖よりたちまち時雨れたり
 秋澄みて金星大きく輝けり

 句集全巻を読み終えれば、その言葉にある品位の快さを誰もが感じる
ことであろう。

 平成十五年夏
                高橋信之


柳原美知子句集「島の春」


 美知子さんは、英語教師としてのお勤めがあるが、本句集に見るその姿は、
妻として、母としてのよい生活である。一家の日常を支え、家事に専念すれば、

 蕗ゆでて野のかおり満つ真夜中に
 詰め放題ビニール袋に空豆鳴らし
 菖蒲切る音軽やかに湯に放つ
 刃の入りてたちまち西瓜の水匂う

という句が生れ、そこに充実した生活があり、

 夫に子に善哉作る幸せを

と詠む偽りのない幸せは、読み手の共感を呼ぶ。家族を気遣う心は、

  二男悠二郎小学四年
 連れ帰りし風邪引きの子の機嫌よく
 紅生姜添えて栗寿司巣立つ子に
  夫博の手術
 鵙鳴いて術後の空気澄みわたり

といった句に読み取れ、これらの句の目立たない、特別でないところがいい。
家庭の日常は、「無事是大事」ということが何よりで、そこが詩となったのが
素晴らしい。
 高校の英語教師としての生活でも、家族的な温かさがある。

 初栗の輝き分け合う職員室
  遠足
 にぎり飯豌豆添えて子に分ける
 教え子の児を抱き来たり新緑を

 家庭生活の良さがそのまま職場生活でも変わることがない。どこまでも母で
あって、それは、昔からの日本の母の姿である。やさしくて、芯のある母の姿
を見る。家庭と職場を離れての秀句は、

 我が身より影出て動く春燈に
 渓流に十指を浸す夏の終わり
 雲流る空を降りくる赤とんぼ

があって、その内面の充実を知って嬉しい。

 平成十五年晩夏
            高橋信之


古田けいじ句集「木の実独楽」


 けいじさんの代表句と言えば、

  アンネ・フランク展
 咲きかけの黄薔薇とアンネフランクと

を推挙するに躊躇うことはない。戦争の犠牲となった少女アンネの悲し
みが「咲きかけの黄薔薇」となって、人間らしいやさしさが美しい。

 白桃が三つテーブルにある平和

 作者のしみじみとした思いが伝わってくる。平和は、美しいものであ
り、豊かなものである。国際社会がそうあって欲しいと誰もが願い、そ
れぞれの家庭の中もまた同じ思いである。

 木の実独楽歩き始めし子へ廻す
 肩の子が先ず受けている初日の出
 幼子が体重乗せて抜くラムネ

 孫の句は難しいと言われるが、けいじさんは別で、やすやすと作って
いる。心がしっかりと幼子に向けられているからで、可愛さだけの無責
任なところは全く無い。妻を詠んでは、

 崖下に妻を残してたらめ摘む
 静かなり妻と来ているバリ良夜

という句があって、こうした句は、作者の生活の良さから生れたもので、
ふるさとの飛騨の思い出もいい。

 落鮎や寡黙の父は飛騨の川
 焼き茄子や生醤油だけが飛騨の味

 けいじさんの句のレベルの高さは、芸術や文学に向かう心の高さであ
って、学生時代からの合唱の仲間達で育ててきたものであろう。

 花浮かぶ水門へ春潮上がり来る
 そこに光り集めて木犀落下する
 三月の握手の骨も焼かれけり

 これらの句が本句集刊行によって、多くの人々に読まれることを嬉し
く思う。

  平成十五年晩秋
            高橋信之


水煙合同句集「橘」


 水煙二十周年記念事業の一環として、合同句集「橘」を世に送り出す
ことを嬉しく思い、水煙誌友、そして「水煙」を永年に渡ってご支援く
ださった方々と喜び合いたいと思います。
 本句集は、水煙二十年の積み重ねの大きな成果であって、私たち俳句
仲間の誇りです。参加者の数は、多くはありませんが、南は沖縄から、
北は北海道から寄せられた俳句は、日本の多様な風土、風景を展開し、
広々とした世界を見せてくれます。日本の個性があって多様な文化を見
せてくれます。
 「水煙」は、故川本臥風先生の勧めによって高橋信之が創刊し、二十
周年を迎えました。月刊を一号も欠かさず、明るくて深いところのある
現代語の俳句を求めてきました。学生俳句からインターナショナル俳句
そしてインターネット俳句を育ててきました。 創刊者が愛媛大学教授
であったので、愛媛大学俳句会出身の若い俳人が集まりましたが、愛媛
大学俳句会は、旧制松山高校俳句会を引き継いだもので、松高俳句会は
、川本臥風先生の指導によって、臼田亜浪先生の「石楠」支部として発
足しました。旧制松山高校の会員に中村草田男、篠原梵、西垣脩等の人
間探求派の俳人がいましたが、これらは、「水煙」の先達で、その俳句
に共通するものは、「詩のある俳句」で、詩があって、野心的なところ
がないのです。「水煙」には、臼田亜浪先生の教えである俳句の「まこ
と」が生きています。
 「水煙」の現在の誌友の多くは、インターネットで知り合った仲間で
す。インターネットは、これからの新しい俳句を創り出す大きな力とな
るに違いありません。創刊二十周年記念の事業の一つとして、NPO法
人水煙ネットを設立しました。文学に社会的な力を持たせようとする試
みで、インターネット上での活動です。「水煙」のホームページは、平
成八年の開設で、足掛け八年の歴史は、俳句雑誌のホームページでは、
最も長いものです。これからの「水煙」の組織は、NPO法人設立を機
に、雑誌とインターネットの二つに分かれ、それぞれが車の両輪として
、「水煙」の更なる発展の力となることと思います。

平成十五年晩秋
                  高橋信之


野上哲斉句集「群青」


  序

 哲斉さんは、私よりも年長だが、生活の体験が似通っているので、親しい。

  十八才・北京の第一印象
 アカシヤの花の北京と記憶せし
 寒灯にすがる思いに引揚し

 中国大陸での生活体験があって、哲斉さんとは日本内地への引揚を共有し、また、
戦後流行した結核という病の体験も同じであった。

 我病みて一人の母と冬篭り
 菊活けて病む喜びの湧く日和

 哲斉さんと私との出会いは、学生の句会で御一緒したときで、教師と事務職という
立場の違いがあったが、俳句での出会いということで、直ぐに心を通じ合うことが出
来た。水煙創刊のときもご参加をいただいた。哲斉さんは、法文学部や農学部の事務
長を歴任した。

  愛大農学部
 校庭の低き提灯いもだき宴

 哲斉さんの家庭生活も、お子さんが私のドイツ語のクラスにいたということもあっ
て、親しい。家庭に居ては、良き父であり、良き祖父である。

  ドイツ在住の娘より
 声弾むミュンヘンよりの初電話
  初孫との入浴
 初湯舟赤子に熱く見据えられ
  孫(男子)生れる
 一升餅背負う二三歩一才児
 花畳小さな小さな靴が蹴る

 また、妻を詠んでも、いい生活がある。 

 梅雨の厨パン焼く妻のいきいき

 家族を見守る視線がいい。率直な優しさがいい。
 哲斉さんの俳句の良さは、その人柄の良さにあるが、子どもの生活を詠んで、いき
いきとして自在である。

 遠足の列の中より母と呼ぶ
 一群となるとき子らのシャツ白し
 青島はかつて軍港子等泳ぐ
 鬼灯を鳴らし少女の顔になる
 風船の運動会を越えゆけり
 筆箱にいっぱいつまりどんぐりこ

 また、亡き父、亡き母を詠んでは、ふるさとの大地につながって、人間本来の姿を
見せてくれる。そこに、哲斉さんの良さがある。

 殉職の父を誇りに墓洗う
  母眠る墓地の周辺
 曼珠沙華燃え尽き静かなる大地

 代表句を挙げるとすれば、

  水煙臥風賞受賞
 風光る天上限りなく青し

であり、作者独自の深いところを読み取ることが出来るであろう。

  平成十六年早春
             高橋信之


水煙ネット