水煙俳句叢書第20巻★   

花影/小川和子句集
序文:高橋信之 跋:高橋正子
水煙俳句叢書第20巻/平成20年11月5日発行

定価1000円
画像をクリックすると拡大します


句集「花影」10句

白梅の満ちて高きへ香をはなつ

風に鳴るなずな花咲く地の起伏

真っ白き一樹と出会うイースター

北へ往く列車に花菜の駅弁も

花影に歓声あがる滑り台

青紫蘇を水に放ちてより刻む

飛蝗来て跳べば翅裏のみどりなる

さよならの子らに満月みずいろに

障子貼る今日はそのこと念入りに

 北海道立余市高校時代
  朝ぼらけの青き雪踏み通学す


ご注文

水煙発行所
223-0062 横浜市港北区日吉本町3丁目40−41−105
(IP電話・Fax)050-3641-8827
(電子メール)sn2008office@mail.goo.ne.jp

戻る