■さら句会/入賞発表R■

第101回(12月19日)〜第107回(12月31日)

by 管理人

第107回入賞発表(12月27日〜31日)/高橋正子選@


【金賞】
★山茶花の花こぼしつつ咲きつづき/大給 圭泉
いい句ですね。命があります。「まこと」があります。(高橋信之)
ありのままを、今感じるそのままの心で詠んでいて、余分も不足もない、つつましくていい句ですね。 (高橋正子)

【銀賞】
★蝋梅の透けて青空下りてくる/宮地ゆうこ
小さな「蝋梅」に大きな世界がひろがりました。詩があります。(高橋信之)

【銅賞/2句】
★年の瀬の洋上へ向くコンテナ船/平野あや子

★ふるさとの駅に大きく松飾る/池田多津子
「松飾る」いつもの風景には安らぎがありますね。「ふるさと」となれば、なおさらです。(高橋信之)
大きな松飾りが、いかにもふるさとらしい。純朴であり、おおらかであり、元気がある。大きな松飾りに惹かれた。(高橋正子)

【特選5句】

★暗闇に耳を澄ませば冬の海/高橋秀之
作り手の思いが伝わってきます。「冬の海」には、深いものがあって、心が動かされますね。(高橋信之)

★一軒を更地に冬空を広くする/加納淑子

★またあした子らは手を振り大晦日/祝恵子
「大晦日」の「またあした」は、格別に明るいですね。私の好きな句です。(高橋信之)

★行く年や山から海へ闇動く/相沢野風村
写生とは違った良さがあります。作り手の心の動きが伝わってきます。(高橋信之)

★湯気立てにころころ滾つ茹で卵/下地鉄朗
ストーブの上に、お鍋などに水を張ってのせ、湯気をたてて部屋の乾燥を防ぐことは、少し前までは、私もよくしました。ゆで卵を茹でるのに、ちょうどいいですね。「ころころ滾つ」は、ゆで卵の状態が目に見えるようで、いいですね。穏やかな生活があります。(高橋正子)
..2003/ 1/ 8(Wed)15:32

by 管理人

第107回入賞発表(12月27日〜31日)/高橋正子選A


【入選@/5句】

★冬厨重石を変える水の音/河 ひろこ
★きらめきを川幅いっぱい冬日射す/岩崎楽典
★はきはきと答えて少女飾売る/宮地ゆうこ
★富士に対す半島どこも大根畑/霧野萬地郎
★雪来たり遠嶺の姿浮き立つ日/多田有花

【入選A/5句】

★年送る命うべない椿真白/おおにしひろし
★藁の香をさせて玄関注連飾る/古田けいじ
★松の枝無造作に重ね年の市/守屋光雅
★文机正座の高さ冬灯し/堀佐夜子
★年送る硝子食器を磨き上げ/山野きみ子

【入選B/5句】

★枯れしものに薔薇一輪のありにけり/加納淑子
★年の夜を待つことに薔薇一輪切る/おおにしひろし
★伐られゆく木蓮冬芽つけしまま/加納淑子
★街路樹の空を透かして年の暮れ/古田けいじ
★地吹雪の去りて蒼空透明に/相沢 野風村

【入選C/6句】

★干支の午よいお年をと年惜しむ/野田ゆたか
★空っ風柴又街道駆けめぐる/山野きみ子
★初雪を老眼鏡(めがね)外して見ていたり/澤井渥
★配達に米屋忙しく花八手/霧野萬地郎
★冬休みポプラの空に風走る/岩崎楽典
★寒波つき路地奥にまで蜜柑売り/河勝比呂詩

▼選者詠/高橋正子
子が打って寒柝の音の揃わざる
しんしんとして年逝けりドアの外
羊鳴くは春のことなり故郷に

by 管理人

第106回入賞発表(12月26日)/高橋正子選@

【金賞】
★切り口の真白き竹に松飾る/池田多津子
「切り口の真白き竹」は、日本の簡素な美しさで、清々しい。いい正月に違いない。(高橋信之)

【銀賞】
★冬日差し俄かに変わる波の色/岩本康子
海の波も日が差さない時は色が深いが、日が差すと明るくなる。こんなにも違うものかと思うが、照りかげりの激しい冬だからこそ、色の変化に驚かされる。(高橋正子)

【銅賞/2句】
★胴太き竹伐り出され冬の鵙/脇美代子
太く青々とした竹が切り出されている。その山里に鵙が鳴いてキチキチとよく声が通る。竹も鵙も音の消えたような冬のなかで、命の力を見せてくれている。(高橋正子)

★冬星座風鳴る中に傾けり/古田けいじ
北風に塵が払われて星座も冴え冴えと輝いて見える。その星座も傾き夜も晩くなてきた。星は、鳴る風のなかでますます輝いている。(高橋正子)

【特選5句】

★雪解けの川笹舟を流そうよ/おおにしひろし
「笹舟を流そうよ」と、そういわれれば、笹舟を流して見たくなる。青い小さな笹舟を雪解けの冷たく清い流れにながしてみる。雪と笹と水の醸すイメージがいい。(高橋正子)

★働きし目にふつふつと韮雑炊/池田和枝
「働きし」あとの食事。生活のいい楽しみである。(高橋信之)

★吹き抜けの聖夜のホール子ら歌う/藤田洋子
★手袋の小さき手と手をつなぎ行く/馬場江都
★粉雪の中へ中へと通勤道/日野正人
..2002/12/27(Fri)2:29

by 管理人

第106回入賞発表(12月26日)/高橋正子選A


【入選16句】

★冬空にくっきりと立つ東京タワー/右田俊郎
素直な写生がいい。「くっきりと」した句である。(高橋信之)

★寒すみれ陽射しに傾ぎ愛しき/堀佐夜子
寒さの中で、陽射しに向いて明るく咲いているすみれは、強くて愛らしい。(高橋正子)

★鴨一羽向こうの川へめざし飛ぶ/祝恵子
「鴨一羽」へ目を注ぐ作者の心がやさしい。(高橋信之)

★影ひとつ動くものなし寒の水/磯部勇吉
★山際に軽トラックあり年の暮/多田有花
★声高く釣りの自慢や浜焚火/平野あや子
★魴ぼうの漁師の籠にただ一尾/霧野萬地郎
★歳晩の街の彼方にクレーン立つ/山野きみ子
★縄跳びの声絶え日暮淋しくす/加納淑子
★鉢巻を締めて囃せし飾売り/都久俊
★寒雀飛び歩く羽丸くなり/相沢野風村
★天皇誕生日分校に国旗/澤井渥
★街路樹や雪を冠りし街オブジェ/能作靖雄
★枯れ果てて木の枝に縋る烏瓜/岩崎楽典
★注連飾り新年迎う家となる/河勝比呂詩
★不忍池の大観も見た鴨の陣/大給圭泉


▼選者詠/高橋正子
本積める狭き部屋にもクリスマス
シクラメンの真白に霧をふっと吹き
餅花に柳の枝のしなやかに
..2002/12/27(Fri)2:29

by 管理人

第105回入賞発表(12月25日)/高橋正子選

【金賞】
★冬篭湯沸しの蓋持ち上がる/小峠静水
日常を軽い言葉で語るが、詩が成り立っていて重い。「冬篭」と「湯沸しの蓋持ち上がる」との間の切れがいい。そこに、詩が成り立って、生活の重い思いを伝える。(高橋信之)

【銀賞】
(三津浜ドック)
★入渠して船寒風に赤き腹/おおにしひろし

【銅賞/2句】
★聖樹かこむ園児ら小さき手をつなぎ/宮地ゆうこ
「小さき手」の一つ一つが堅く結ばれて、地上の楽園である。キリスト誕生の聖樹となれば、なおさらであろう。(高橋信之)

★凍蝶の影天日に動かされ/金子孝道
天日は、くっきりと晴れた日の日輪であろう。動きの少ない凍蝶は、太陽の位置によってその影が動く。「天日に動かされ」である。凍蝶の生きる姿とも言える。(高橋正子)

【特選5句】

★鉄骨の凍ていてヘルメットが渡る/加納淑子
「鉄骨」と鉄骨の「凍て」を強調しました。季、そして自然を読むことの大切さを考え、「ヘルメットの男」を抑えました。好きな句なので、添削してみました。ご参考にしてください。(高橋信之)

★香水をつけて聖夜の街に出る/多田有花
「聖夜の街」である。軽いおしゃれにくつろぎがある。(高橋信之)

★山に積む白菜日和も積むごとく/大給圭泉
★単線の明けの鉄橋水烟る/岩崎楽典
★出勤の子がたくましく嗽する/古田けいじ

【入選15句】

★炉は盛りワイン激しく香りくる/脇美代子
★風呂敷のマント纏いて聖夜劇/池田和枝
★蜜柑摘み夕餉のけむりを見おろせり/藤田荘二
★阿波蓮根師走の漁場に売られおり/平野あや子
★歯科医院に小さな聖樹灯がともる/河ひろこ
★ハンドベルの響き聖夜を透明に/池田多津子
★聖夜の窓大きな靴下揺れており/池田多津子
★裸木の揺れて眩しきガラス拭く/相沢野風村
★今日だけの銀のナイフで聖菓斬る/霧野萬地郎
★夜の北風救急車を連れてくる/堀佐夜子
★梅の蕾少し膨らむ年の暮/磯部勇吉
★絵手紙は赤い蝋燭クリスマス/右田俊郎
★雨に濡れ赤濃くなりし山茶花や/能作靖雄
★白き姿見せて水鳥飛びたてり/祝恵子
★冬至過ぎ日脚やや伸ぶ気配みせ/河勝比呂詩


▼選者詠/高橋正子
クリスマスのキャロルラジオに無伴奏
クリスマスの子への荷物に少しずつ
クリスマスイヴなり翳れば灯を点し
..2002/12/26(Thu)8:22

by 管理人

第104回入賞発表(12月24日)/高橋正子選@

【金賞】
★下校児の竹馬に夕日ひかりけり/加納淑子
眼がいい。しっかりと見ていて、詩がある。(高橋信之)

【銀賞】
★冬帽のかるがる鉄棒廻りけり/宮地ゆうこ
暖かそうな帽子をかむっている子どもが、軽く鉄棒を廻る。身軽るに動く子どもの様子が明るくていい。(高橋正子)

【銅賞/2句】
★裸木の自由に動き空蒼し/おおにしひろし
冬に見る命がうれしい。すっかり葉を落としてしまった「裸木」が生きている。蒼空の中に生きている。(高橋信之)

★柚子の香の湯の香となりて窓は雪/守屋光雅
「柚子」の香と「雪」の白さとの取り合わせがいい。冬至の柚子風呂は、疲れをほぐし、明日への力を与えてくれる。(高橋信之)

【特選5句】

★古新聞まといて白菜畦に坐す/岩崎楽典
農の日常である。「白菜」の位置が明らかで、座りがいい。(高橋信之)

★七曜を忘るるもよし実南天/堀佐夜子
実南天はすっかり赤く輝いて正月を待っている。正月を迎える準備に気ぜわしく、曜日も忘れそうであるが、それもよいではないか。正月に向けて曜日などいらない気がする。(高橋正子)

★北風よけて昼食をとる男たち/多田有花
★江ノ電の軒すり抜けり花アロエ/霧野萬地郎
★柚子もぐや夕日まんまる庭にをり/小峠静水
..2002/12/25(Wed)7:21

by 管理人

第104回入賞発表(12月24日)/高橋正子選A


【入選19句】

★縄跳びのびゅんびゅん回る裏通り/池田和枝
「びゅんびゅん回る」は、裏通りでおもいきり遊ぶ元気な子どもたちを描いていて、いいですね。暖かい視線があります。(高橋正子)

★細やかな枯枝広がる青い空/馬場江都
「枯れ」の美しさをうまく捉えた。「青い空」があってこその美しさである。(高橋信之)

★提灯を回らし祠の年用意/岩崎楽典
★枯葦の倒れて見える鳥の数/祝恵子
★せんだんの冬の運河に実を映す/古田けいじ
★わが町のいつもと変らぬイブの燈/野仁志水音
★寒雷の轟きてより鎮もれり/磯部勇吉
★冬ざれも視野に無きごと人急ぐ/河勝比呂詩
★冬麗の水に光の乱されて/吉田晃
★夕闇にまぎれて山茶花沈む紅/山野きみ子
★浅干しの大根吊して売られおり/池田多津子
★立ち上がる鼬に遭いし枯野径/澤井渥
★寒林の崖に十王石仏/石井信雄
★イブの夜シャンパン飲む理由(わけ)疑わず/相沢野風村
★ゴスペルを唄いし横の年の市/都久俊
★読書して炬燵中より熟寝(うまい)覚め/大給圭泉
★老松に筵を巻いて年用意/右田俊郎
★キーボードに「樅の木」弾かせ聖夜待つ/柳原美知子
★山茶花や落ちる花あり蕾あり/能作靖雄

▼選者詠/高橋正子
歳晩のカフェのほおずきからからと
洋なしのタルト冷たく冬の夜
歳晩の鉢に植え込む庭なずな
※庭なずなはアリッサムのこと。
..2002/12/25(Wed)7:20

by 管理人

第103回入賞発表(12月23日)/高橋正子選評

【金賞】
★雑念を深く沈めて冬至の湯/池田和枝
冬至の湯に、深く身を沈めてゆっくりと入る。雑念が払われるわけではないが、雑念を深く湯に沈め、ひとときはいいお湯にいる幸せを思う。

【銀賞】
★発車まで海の入り日を寒く見る/宮地ゆうこ
寒さのなかで発車を待つ時間は、長めに感じられる。そんな時が、海に入る美しい入日を楽しむ時間となったのはささやかな幸せ。

【銅賞/2句】
★折鶴の影の鋭角白障子/堀佐夜子
張り替えたばかりの白障子であろうか、折鶴の影が、折られた角度そのままにくっきりと映って見える。冬の夜の静かな時を折鶴が身に引き受けているように思える。

★禁猟の札新しく笹鳴けり/澤井渥
はや笹鳴きを耳にした。禁猟区の静かで、しらしらした冬が印象づけられる。

【特選5句】

★柔らかく畝を成しゆく芽麦かな/脇美代子
★藁混じる畝より芽出す冬えんどう/祝恵子
★子ら家を出てより聖夜は街のもの/おおにしひろし
★夕凍みに張りゆく池の動かざる/河ひろこ
★枯薄打ち吹く風に星生まる/柳原美知子(正子添削)


【入選20句】

★天皇の日の珈琲をゆっくりと/野田ゆたか
★はまなすの実を付けしまま枯れはげし/磯部勇吉
★風呂の柚子遊んでいれば遊ばれる/古田けいじ
★金の雲冬月山を出づ気配/池田多津子
★枯蔓が昇る高さに強電流/小峠静水
★冬蜂の窓の温みを歩きおり/吉田晃
★頤の丸き少年葛湯吹く/岩本康子
★柚子湯して娘ら豊かなる髪匂う/藤田洋子
★遠き地の味噌が届きし師走かな/平野あや子
★とまりいて雀も枯れの一つなる/碇英一
★手袋のひとつ残してサッカー場/相沢野風村
★コーヒーを入れて冬至の陽の中へ/多田有花
★年用意寺の撞木の新しく/岩崎楽典
★手袋で指してなぞりぬ路線網/霧野萬地郎
★老蝿を打つ気になれず一茶の忌/安丸てつじ
★平凡に生きて柚子湯にひとりの香/山野きみ子
★わびしさや眠らぬ街に寒の月/小原亜子
★省く事多かり老いの年納め/河勝比呂詩
★穏やかな夕日からめて実南天/大給圭泉
★冬天のこぼれ陽浴びる庭すずめ/能作靖雄


▼選者詠/高橋正子
冬至の空雲やわらかにあふれける
青も浅葱も冬至の空の雲の間に
冬至柚子食品売り場に香を満たし
..2002/12/25(Wed)7:16

by 管理人

第102回入賞発表(12月20日〜22日)/高橋正子選評

【金賞】
★枯野行く二人の担ぐ測量器/澤井握
枯野という自然界に、測量器が運ばれてきて、何事か始まろうとしている。どんなものができるんだろう、その手始めは、まず二人の行為から始まった。枯野だから際立つ二人である。

【銀賞】
★草の芽の緑絶えざる冬田かな/碇英一
寒々とした冬田だが、よく見れば草はつぎつぎに芽を新しくして、緑が絶えることがない。暖かい地方の冬田である。

【銅賞/2句】
★水仙の根本の白が束ねられ/脇美代子

★葱抜けば泥に際立つ白き肌/右田俊郎

【特選5句】

★一日の終わりゆず湯にラジオ鳴る/安田明子
好きなラジオ番組をかけ、一日の仕事を終えてほっとして湯に入る。冬至のゆず湯なら、いっそう気分もよく楽しさも湧く。

★確かなる命包みて枯芙蓉/古田けいじ
★冬銀河大鉄橋に斜めなり/おおにしひろし
★柚子浮かぶ仕舞湯淡き香の残り/太田淳子
★紅白の葉牡丹敷き詰め平和の碑/祝恵子

【入選24句】

★真白き障子のそばでアンネ読む/野仁志水音
★焼芋屋英字新聞に包みけり/河勝比呂詩
★白障子翳りたるまま暮れてゆく/藤田洋子
★星の数木枯らし去りてふやしおり/大給圭泉
★宇宙めく雪の鉄橋過ぎにけり/河ひろこ
★日矢落ちる速さと角度冬至かな/相沢野風村(信之添削)
★山眠る瀬音のような寝息して/小峠静水
★刃を深く冬至南瓜に差し入れし/平野あや子
★幾年の墨田の流れ年忘れ/山野きみ子
★大根の畝せり出して弾ける白/宮地ゆうこ
★柚子二つ足して追い焚き冬至風呂/岩崎楽典
★息弾む音も弾みて餅をつく/池田多津子
★樅大樹聖夜の光上りきる/磯部勇吉
★歯を磨く花柊のこぼれ見て/古田けいじ
★寒椿の蕾開きぬ二三輪/馬場江都
★落葉して天底抜けの並木道/野田ゆたか
★青春に忘れ物あり冬銀河/池田和枝
★この年も息災なりし冬至風呂/安丸てつじ
★国々の味持ち寄りし年忘/能作靖雄
★クリスマスケーキ贈られ童心に/堀佐夜子
★締め仕切る作務衣の少女羽子板市/霧野萬地郎
★羽子板市赤鉢巻の威勢よし/守屋光雅
★一日の始まり祝う蜜柑かな/龍造寺規谷
★冬の夜やクロスワードを解いている/多田有花

▼選者詠/高橋正子
花丈の揃い真白なシクラメン
冬の灯にレモンきらきら香を放つ
歳晩に咲きたる苗の庭なずな
..2002/12/23(Mon)22:19

by 管理人

第101回入賞発表(12月19日)/高橋正子選評

【金賞】
★一本は裸木となり遠く見え/祝恵子
木立の中の一本が、裸木となって、淡い姿で見えている。もう少し前は、周りの木々のなかで一際美しく紅葉していたのかもしれない。無駄のない木立の風景がいい。

【銀賞】
★活断層横に抱きたる山眠る/小峠静水

【銅賞/2句】
★膨らみて冬の日返すボンネット/澤井渥
車のボンネットは、日光がたくさんあたる部分で、冬の日を返して、そのフォルムにいっそう膨らみを感じさせてくれる。なにげないことだが、うまく句にまとめた。

★ぎんなんの爆せて黄緑つややかに/池田多津子

【特選5句】

★葛湯吹く匙透明に光る粒/山野きみ子
★鳥の巣を明らかにして欅枯れる/古田けいじ
★冬耕の畝の高さへ陽を寄せる/宮地ゆうこ
★明日からの道具を磨く冬日和/青海俊伯
★待つ場所へ一歩一歩の息白し/池田和枝

【入選17句】

★新橋はD51飾り十二月/霧野萬地郎
★裸木も凛々しくありて城下町/河ひろこ
★講堂に割れんばかりのハレルヤを/岩本康子
★白菜の剥がされて白を増しけり/堀佐夜子
★冬満月影は平らに圧されけり/脇美代子
★冬の川水深の線ぎっしりと/相沢野風村
★雪折れの松の匂える峡の道/磯部勇吉
★北風に掃かれて門前さっぱりと/岩崎楽典
★綴代の厚み際立つ古暦/日野正人
★冬芒高々蒼き月仰ぐ/能作靖雄
★熱燗や単身赴任三年目/多田有花
★一輪の朝陽に光る冬薔薇/高橋秀之
★大根の冷たき土産に持ち帰る/おおにしひろし
★朝凍の湯気満つ厨ほのぼのと/平野あや子
★遊ぼうよ風の子雪の子思いっきり/右田俊郎
★白菜の巻きにそれぞれ夕日かな/大給圭泉
★石畳に下駄音乾く冬の湯屋/藤田荘二