◆むかしの俳句掲示板◆

平成10年2月16日 -28日


土曜日のコメント 投稿者:信之  投稿日:02月28日(土)18時20分56秒

千代紙の雛は文机飾るべく 真佐子
平壌はれんぎょう明るき街なりし 〃

出来ている俳句ですね。句集にまとめてみられては。
千代紙と文机がうまく合って、お雛さまが可愛く生き生きしています。
「なりし」と過去形なのは、そこでの生活の思い出を偲ばせてくれます。
私にも、少年期の十数年を中国大陸の大連市で過ごした思い出があります。


無題 投稿者:上出真佐子  投稿日:02月28日(土)08時57分56秒

平壌はれんぎょう明るき街なりし

薄墨の桜にしのぶ西法寺(伊予名所)

千代紙の雛は文机飾るべく


(れんぎょうの漢字が私のワープロに見当らなかったので
ひらがなにしました。)
よろしくお願いします。

上出拓郎


金曜日のコメント 投稿者:信之  投稿日:02月27日(金)20時58分45秒

いつも有り難うございます。
<話す事途切れしときの猫の恋 けいじ> 


<ジェット機の音には負けぬ初雲雀 なべ>
今日は良いお天気でした。

よろしくお願いします 
<沈丁花 カレーもきそう春の宵 緑丘>

皆さんの短いコメントに暖かいものがあって、俳句と合わせ読みますと、
なかなか味わいがあって、読み手に訴えてきますね。



よろしくお願いします 投稿者:林 緑丘  投稿日:02月27日(金)20時25分26秒

沈丁花  カレーもきそう  春の宵


(無題) 投稿者:なべ  投稿日:02月27日(金)18時00分26秒

ジェット機の音には負けぬ初雲雀

今日は良いお天気でした。


猫の恋 投稿者:けいじ  投稿日:02月27日(金)14時56分52秒

いつも有り難うございます。

話す事 途切れしときの 猫の恋


木曜日のコメント 投稿者:信之  投稿日:02月26日(木)20時06分26秒

<赤椿白い椿をおちて待つ 緑丘>

良いところに目をつけていますが、それだけに表現が難しいですね。

<父母と爺ばば揃って雛かざり けいじ>

少し元気がありませんね。<体調が一寸悪く>とのこと、お体をいたわってやって下さいね。


失敗です 投稿者:林緑丘  投稿日:02月26日(木)19時57分00秒

散椿  ひとひらひとひら  春ふかく

パーティでもらったバラの花束がきれいでつい
赤いばら ひとひらひとひら 春ふかく   とやってしまいました。今朝の通勤の電車の中であっときがつきましたが時遅し。
これで如何でしょうか。


雛祭り 投稿者:けいじ  投稿日:02月26日(木)18時19分12秒

挨拶も無しに投句するのは大変に失礼な事なのに、先ほどやってしまいました。失礼しました。
体調が一寸悪く、下手な句も出来ません。俳句を作るのは健康にもよいし、健康でなければ俳句もつくれないと痛感しています。

父母と  爺ばば揃って 雛かざり


寒鯉 投稿者:けいじ  投稿日:02月26日(木)17時42分00秒

横隊に  身を暖むや  寒の鯉


出先からのコメント有難う御座います 投稿者:林 緑丘  投稿日:02月25日(水)21時31分48秒

赤椿 白い椿を  おちて待つ

赤いばら  ひとひら ひとひら 春ふかく


水曜日のコメント/松山から 投稿者:信之  投稿日:02月25日(水)19時28分06秒

イニシャルの形にすみれ植えにけり けいじ 

若々しい俳句ですね。思いでは美しいものです。

菜の花を問うて異国のEメール なべ

登校の列はみ出してつくしんぼ 〃

人間が生きていますね。心が働いています。


ありがとうございます 投稿者:なべ  投稿日:02月25日(水)13時01分29秒

登校の列はみ出してつくしんぼ

俳句コンテストの発表を見て驚きました。
まさか銀賞に選ばれるとは思っていませんでした。
これを励みに、またがんばろうと思っています。
今後ともよろしくお願いします。


(無題) 投稿者:なべ  投稿日:02月24日(火)17時20分11秒

菜の花を問うて異国のEメール


初恋の頃 投稿者:けいじ  投稿日:02月24日(火)16時42分06秒

イニシャルの  形にすみれ  植えにけり


羽田空港のレストランから 投稿者:信之  投稿日:02月24日(火)12時23分05秒

置き手紙置く子の瞳春満月 登美子

マラソンの子等足踏みを赤信号 なべ

パター持つどこからとなく沈丁花 けいじ

ひな人形こわれし指と二十年 緑丘

私の好きな句を列記しました。
待ち時間がありましたので、羽田空港のレストランからのインターネット。


よろしくお願いします 投稿者:林 緑丘  投稿日:02月23日(月)19時42分03秒

ひな人形  こわれし指と  二十年


ゴルフに行きました 投稿者:けいじ  投稿日:02月23日(月)17時03分18秒

・岩陰に 残雪ありて 初ゴルフ

・打順待つ テイーグラウンドに 春の風

・パター持つ どこからとなく 沈丁花


お疲れさまです 投稿者:なべ  投稿日:02月23日(月)12時27分02秒

永き日やとろ火ことことカレー煮る
マラソンの子等足踏みを赤信号

東京、お疲れさまです。


いつも有難うございます 投稿者:阪本登美子  投稿日:02月23日(月)11時24分18秒

置き手紙置く子の瞳春満月
銀盤の妖精舞ふやスケーター
ライオンも欠伸しているのどかさや

タイやアメリカからも投句があるとのこと。俳句はいまや国際的なものだといいますが、
本当にそうなのですね。
英語で書かれた句がどんなものか、私には読めませんが、いちど見てみたいと思いました。


次のコメントは 投稿者:信之  投稿日:02月23日(月)08時37分05秒

東京で仕事をしていますので、
次のコメントは、松山に帰りました24日の夜になります。
お待ち下さい。

東京・日本橋室町3丁目喫茶店「ルノアール」からのインターネット。


バンコクの建治さんへ 投稿者:信之  投稿日:02月22日(日)17時48分09秒

<大肌脱ぎ故国は冬と言う人も 建治>

私の許には、毎日海外から多彩な俳句(ドイツ・イタリー・アメリカなどの英語・ドイ
ツ語・日本語の俳句)が届きますので、とても楽しみです。
季語の問題は、何処も未解決です。
建治さんのE-mailのアドレス(tanaka@asiaaccess.net.th)からタイのバンコックで
あろうと見ていましたよ。


バンコクから 投稿者:田中建治  投稿日:02月22日(日)13時54分56秒

早速のお返事有り難うございました。私は現在バンコクに駐在中でして
先日の俳句も年末日本に一時帰国した際につくったものです。
バンコクには季節が無く すなわち

歳時記を 伏せて想う 故国かな
火焔樹や 暑さを厭わぬ 妻眠る
大肌脱ぎ 故国は冬と 言う人も


また宜しくお願いします。


東京・日本橋から 投稿者:信之  投稿日:02月22日(日)11時44分09秒

JR新日本橋駅の上にある喫茶店ルノアールから、皆さんへ。
上京しています。
ホテルでのPHSが使えませんでしたので、皆さんへのご返事が遅れました。

晃さん
俳句では、松山出身の捨聖一遍上人のように「捨てる」ことが重要ですが、
晃さんの俳句、私がいただきます。

けいじさん
<吊り上げるテトラの向こう春の海 けいじ>
いい風景ですね。大きな世界です。こちらの心もゆったりしてきます。

建治さん
<和倉という字の暖かき湯治なる>
添削してみましたが、いかがでしょうか。

緑丘さん 
<ロスの友帰りきたりて鰊そば 緑丘>
「ロス」「友」「鰊」「そば」、これだけ揃いますと、それだけでも充分で、
楽しい雰囲気が伝わってきますよ。

拓郎さん
<パンジーを描きて心明るき日 真佐子>
お母様のよい生活が見えてきます。明るい生活ですね。

皆さん!
またの俳句をお待ちしています。
松山に帰るのは24日です。 


無題 投稿者:上出真佐子  投稿日:02月21日(土)18時24分59秒

パンジーを描きて心明るき日

若芝に小犬はお手まり待ってをり

薄紅梅山雨静かな日も暮れし

黙しゆく裏参道の落椿

堂扉開く千手にこぼる春灯

     (前回ごていねいなコメントをありがとうございました。
      今週母から葉書で送られてきたものを投稿します。
      よろしくお願いします。

        上出拓郎)


すぐ枯渇します 投稿者:林 緑丘  投稿日:02月21日(土)18時06分38秒

ロスの友  帰りきたりて  鰊そば
おしたしに  菜の花みつけ  春を知る

俳句を詠み続けるのは難しいですね。すぐに枯渇してしまいます。
女房に 街に住んでると季節感が無いと 弁解がましい事を言ってわらわれています


年末の俳句 投稿者:田中建治  投稿日:02月20日(金)15時13分12秒

和倉という 字の暖かき 湯治客
年の瀬や 寿司の冷たき 七尾かな
手洗いの 風の 冷たき 除夜のかね


春一番 投稿者:けいじ  投稿日:02月20日(金)13時55分47秒

春一番 乱れし歩道の 影法師

吊り上げる テトラの向こう 春の海


捨てて下さい 投稿者:吉田晃  投稿日:02月20日(金)07時57分12秒

 失礼しました。昨日、考えていたのですが、少年式でなくとも、
入学式でも卒業式でも、晴れの舞台であれば何でも当てはまるもの
だということを忘れていました。
 のぶゆき先生のご指導、何となく分かるような気がします。しば
らく勉強させて下さい。


口語表現 投稿者:信之  投稿日:02月20日(金)07時44分44秒

風が吹き自転車こぎながら手袋 ゆうすけ

口語表現がよいですね。
ご投句ありがとうございました。
またの俳句をお待ちしています。 


はじめまして 投稿者:ゆうすけ  投稿日:02月20日(金)03時06分12秒

はじめまして
なべさんのホームページからたどり着きました
ご挨拶代わりに?添削よろしくお願いします

風が吹き自転車こぎながら手袋

http://www.sannet.ne.jp/userpage/yuchan/index.html


インターネットでの説明は 投稿者:信之  投稿日:02月19日(木)20時15分19秒

少年式眉毛と口がへの字なり 晃 

作者の思いが強すぎますね。これは、俳句の写生ではなく、川柳の比喩なのです。
インターネットでの説明は困難です。具体的な例のないところでは、写生や比喩
の説明は困難です。

群れて飛ぶ鳶枯れ野を我が物に なべ

胸誇る娘(こ)ら賑わいて風光る けいじ

勢いのある句はいいですね。これらは、好きな句です。   


 投稿者:けいじ  投稿日:02月19日(木)17時35分38秒

胸誇る 娘(こ)ら賑わいて 風光る


HP 投稿者:なべ  投稿日:02月19日(木)12時07分17秒

群れて飛ぶ鳶枯れ野を我が物に

いつもありがとうございます。
HPに入選句を載せました。

http://www.lucksnet.or.jp/~watanabe/


(無題) 投稿者:吉田晃  投稿日:02月19日(木)11時44分02秒

 ありがとうございました。水二題などと偉そうに言っておりましたが、
「水」が主体になっておりませんでした。

   少年式眉毛と口がへの字なり
  


水曜日のコメント 投稿者:信之  投稿日:02月18日(水)21時13分16秒

寄り合いの酒程良くておぼろ月 なべ  

合格の報せを待つ日のクロッカス けいじ

これらの句には、作り手の生活を感じ取ることが出来ます。良い生活です。


入試 投稿者:けいじ  投稿日:02月18日(水)15時28分36秒

・合格の 報せを待つ日の クロッカス

掲示板の入選句に自分のが載っていてびっくりしました。これからもどうぞ宜しくお願い致します


添削お願いします 投稿者:なべ  投稿日:02月18日(水)12時33分10秒

寄り合いの酒程良くておぼろ月

<代表句(入選句)をTopPageに書き込んではいかがですか。>
ありがとうございます。
近々載せます。


添削 投稿者:信之  投稿日:02月18日(水)11時50分56秒

春を行く水喜びの手に遊ぶ 晃

添削
<春を行く水の喜び手に遊ぶ>

 


水二題 投稿者:吉田晃  投稿日:02月18日(水)11時01分36秒

水もまた春待つものの一人かな
春を行く水喜びの手に遊ぶ

  山も春を感じるようになり、体がムズムズしています。
 ぜんまいや土筆ももうすぐです。ワラビや独活も待ち遠しく
 すでに心は山に遊んでいます。
  添削、よろしくお願いします。   
    


訪問してきました 投稿者:信之  投稿日:02月18日(水)08時53分57秒

なべさん

      そちらのHPを訪問してきました。
      代表句(入選句)をTopPageに書き込んではいかがですか。
      訪問者にとって読みやすくなりますので。

      芽吹く樹へつぎつぎ心遊ばせる 信之 


ありがとうございます 投稿者:なべ  投稿日:02月18日(水)08時21分59秒

<枯れ芝の青き草抜く春浅き>

ありがとうございます。
添削していただくと「なるほど」と思うのですが、それがなかなか自分では出て来ません。
まだまだですね。

信之先生、吉田先生、私のホームページへの書き込みありがとうございました。
今後もよろしくお願いします。

http://www.lucksnet.or.jp/~watanabe/


俳句をありがとう 投稿者:信之  投稿日:02月18日(水)00時40分27秒

枯れ芝に浅春の青き雑草を抜く なべ
枯れ芝の青き草抜く春浅き(添削)

少年の一人駈けゆく青嵐 登美子(私の好きな句)  


春の雪 投稿者:阪本登美子  投稿日:02月17日(火)20時06分33秒

風とらへスキージャンプや冬五輪
葉桜の影の真中無人駅
急ぎきて桜前線日本海
少年の一人駈けゆく青嵐


(無題) 投稿者:なべ  投稿日:02月17日(火)18時19分33秒

枯れ芝に浅春の青き雑草を抜く


(無題) 投稿者:なべ  投稿日:02月17日(火)18時10分28秒

浅春や芝に混じりて雑草青し


わたしの好きな句 投稿者:信之  投稿日:02月17日(火)16時32分24秒

春の田のそばより水の音出づる 晃 

新刊本買いたし昼の風光る けいじ

わたしの好きな句。こちらの気持ちが明るく楽しくなってきますね。 


 投稿者:けいじ  投稿日:02月17日(火)16時24分01秒

新刊本 買いたし昼の 風光る


皆さんの句を見ていると、何気ない日常の中に題材を見つけられており大変驚きます。何事にも感動できる心が必要なのでしょう。
このHPのお陰で通勤の途上や、家の周りを歩くのが楽しみです。
有り難うございます。


ようやく気持ちが春めいてきました 投稿者:吉田晃  投稿日:02月17日(火)09時22分45秒

春の田のそばより水の音出づる
春の水鯉の背中をなでゆけり (春の水鯉の背中をなでてゆく)
水草の水におぼれる春の川
女教師の背筋のばして春セーター

   なべさんに「私の好きな句」の一つに選んでいただき、うれしく思います。
 入選句の一つに加えて頂いたことは、さらなる驚きです。歳に似合わず、素直
 に詠んだだけが取り柄の句だと思っていましたので・・・。


    


吉田晃さんへ 投稿者:信之  投稿日:02月16日(月)14時07分57秒

<東に凍星野山を白うして 晃>

わたしの好きな句。
ご投句ありがとうございました。

なべさんの掲示板の書き込みを読みましたよ。
俳句の交流を進めていただき、嬉しく思っています。


(無題) 投稿者:吉田晃  投稿日:02月16日(月)12時08分49秒

東に凍星野山を白うして
凍星の落ちる果まで白き原(どこかで聞いたことがあるような気がします)
神降りぬ鎮守の枝の朝の霜

  今朝六時、通勤途中に作りました。「辛夷」の句の添削をお願いします。
  


なべさん、そして皆さんへ  投稿者:信之  投稿日:02月16日(月)01時37分28秒

<緑丘さん<2人してファンです。>つたない俳句を読んでいただいてありがとうございます。>

この掲示板で、俳句の交流をどんどんして下さい。お互いのHPも訪ね合って下さい。
楽しみにしていますよ。