◆むかしの俳句掲示板◆

平成10年2月1日 -15日


またお願いします 投稿者:なべ  投稿日:02月15日(日)22時50分11秒

建前の槌音春眠妨げて
上棟の餅を拾いて春温し

緑丘さん<2人してファンです。>つたない俳句を読んでいただいてありがとうございます。

http://www.lucksnet.or.jp/~watanabe/


虞洛さんへ  投稿者:信之  投稿日:02月15日(日)22時47分39秒

「義手義足聖火持つ目に信濃雪 虞洛 」

ご投句ありがとうございました。
しっかりした俳句ですね。初心者とは思えませんよ。「信濃雪」が効いています。
そちらのHPをお訪ねしましたが、コメントは後日に。


宜しくお願いします。 投稿者:虞洛  投稿日:02月15日(日)22時02分23秒

初めての投稿です。
オリンピックの開幕式の感動を表現・記録に
とどめたく、俳句を習おうと始めました。
「義手義足聖火持つ目に信濃雪」
「映ゆ」としようかなと、思いましたが、
むしろ冗長になりすぎるかなとおもいました。
以上です。

http://www.seaple.icc.ne.jp/~fukai/


緑丘さんへ 投稿者:信之  投稿日:02月15日(日)16時01分01秒

座禅くむ  僧の頬にも  春の風 緑丘 
風は風   雨は雨にて  春はこぶ 〃

わたしの句を思い出しました。一人の遍路旅をしていたときの作です。

秋天を一つ誰もが頭上にもてり 信之


よろしくお願いします 投稿者:林 緑丘  投稿日:02月15日(日)14時29分56秒

座禅くむ  僧の頬にも  春の風
風は風   雨は雨にて  春はこぶ


喜びは!! 投稿者:信之  投稿日:02月14日(土)21時56分21秒

人生最高の喜びは、人の喜びを喜ぶことだと思っていますので、
緑丘さん!
なべさん!
わたしに喜びを与えていただき、とても喜んでいますよ。
わたし達のHPは、その制作意図がお訪ねいただいた方に喜んでいただき、それを知って、
わたし達が嬉しく思うことですので、心からありがとう。

なべさん
<私の好きな句>を書き込んでいただいて、ありがとうございました。これは、互選とい
うことで、俳句仲間での大切な励ましなのです。お互いが励まし合ってこそ向上もある、
と思っています。多くの方が<私の好きな句>を書き込んでいただくことを願っています。

春灯つけば闇の中からいつもの調度 信之


私の好きな句 投稿者:なべ  投稿日:02月14日(土)18時25分55秒

子どもらが密かに葛湯吹いている 高橋正子
伊予柑のしづくのままの手にて食す 上出真佐子
まっすぐにまっすぐに雪の落ちてくる 吉田晃

入選作の中から私の好きな句を選んでみました。
良し悪しはわかりませんので、単純に好きな句を選びました。


なべさんの句はいいですね 投稿者:林 緑丘  投稿日:02月14日(土)18時06分51秒

春雨の 音にさそわれ  せりうでる

なべさんの俳句いいですね。妻と楽しんでいます。 2人してファンです。
特に入選作は素晴らしいですね。


緑丘さんと同じです、ありがとうございます 投稿者:なべ  投稿日:02月14日(土)12時30分46秒

すれ違う老爺口笛春の土手
切り口の雨に寂しき猫柳
雪降りて夜汽車別れの笛鳴りぬ

春の作品募集も始まったのですね。
楽しみです。


うれしい うれしい 投稿者:林 緑丘  投稿日:02月14日(土)09時52分05秒

うぐいすや  カーテンのはし  そっと開け  緑丘
ホーホケキョ  庭に残して  喧騒へ        緑丘
うぐいすの  こえにおどろき 目が覚める   芳福

この数日インターネットが繋がらず今朝やっと繋がると、掲示板の入選作に緑丘、芳福ともに1句ずつ採用して頂き、2人
で声を上げて喜んでいます。初めての俳句作りを大変楽しませて頂いています。深謝


金曜日のコメント 投稿者:信之  投稿日:02月13日(金)18時52分47秒

けいじさん

地下鉄出て春の気配の舗道踏む
地下鉄でて春の気配の歩道踏む
「舗」を「歩」にしただけで、「春の気配」がぐんとでましたね。

なべさん

春一番自転車ふたつ寄り添える

「春一番」の季語が効いていますね。「る」で終えると、句が締まってきますよ。
 


無題 投稿者:けいじ  投稿日:02月13日(金)18時35分03秒

地下鉄でて 春の気配の 歩道踏む


ありがとうございます 投稿者:なべ  投稿日:02月13日(金)12時13分51秒

いつもありがとうございます。
<どうにかしょうと、思わないことで、それが、なかなか出来ないのです。>
作ろうとして作ったものは良くないようです。
細く長く、ぼちぼちやります。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

春一番自転車ふたつ寄り添えり
焼き芋の声遠のきて春の宵


俳句のコメント 投稿者:信之  投稿日:02月13日(金)01時24分00秒

けいじさん

冬日向形に合わせ眠る猫 けいじ

「形に合わせ」とはうまい表現です。猫の習性をよく見ていますね。

なべさん

<俳句における写生の問題>は、<もう少し勉強>というよりは、<全く意識せずに>
子供のような心で、無心になることなのですが。どうにかしょうと、思わないことで、
それが、なかなか出来ないのです。理解できずに、多くの誤解を生みますね。

春灯へ丸い口開けている湯呑 信之

 


冬日向 投稿者:けいじ  投稿日:02月12日(木)18時47分58秒

オペミスでしたので再度。

冬日向 形に合わせ眠る猫


春めく 投稿者:けいじ  投稿日:02月12日(木)18時45分22秒

いつもコメントいただき有り難うございます。いい季節になったのになかなか詠めません。感性が大事なのでしょうがどうすれば感性が強くなるのか、悩んでいます。入門書を買ったり、図書館から借りたりして先輩の作品を勉強しとぃます。


地下鉄出て 春の気配の 舗道踏む

冬日向 形に合わせ  


(無題) 投稿者:なべ  投稿日:02月12日(木)15時20分54秒

ありがとうございます。
<この句もそうですが、なべさんの句の多くは、川柳になっています。>
今回は川柳のつもりでしたが、他は全く意識せずにそうなっているのですね。
<俳句における写生の問題>
もう少し勉強します。


俳句における写生の問題 投稿者:信之  投稿日:02月12日(木)14時07分39秒

なべさん

スキー場へっぴり腰で子を見分け なべ

この句もそうですが、なべさんの句の多くは、川柳になっています。川柳が悪いというわけでは
ありませんが。俳句における写生の問題でしょうね。

晃さん

辛夷の枝にポッツリ生命が見えており 晃

この句がよいですね。少し添削してもよいのですが。



苦しさを楽しみながら作っています 投稿者:吉田晃  投稿日:02月12日(木)12時27分53秒

機械的に言葉を並べているような感じが強かったものですから・・。

  辛夷の枝にポッツリ生命が見えており
  山の端に機影キラリと春めけり
  春浅しガス湯沸かしの水を抜く
  竹ザルにイダ瑞々し春日和

    用務員さんが昨日の建国記念日にイダを釣りに行き、本日持って来て
   くれました。朝は天気が良く、魚も新鮮でよかったのですが、曇ってし
   まいました。イダは七輪で塩焼きにするそうです。うまくいけば、食べ
   られるかもしれません。楽しみです。
   


スキー場へっぴり腰で子を見分け 投稿者:なべ  投稿日:02月12日(木)12時14分46秒

昨日は我が家の年中行事のスキーに行きました。
年に一度ではオリンピックにはほど遠く・・・・・。

<「度」という言葉を使うのは、時間の経過がありますので、初心者には難しすぎる表現です。>
ありがとうございました。
難しいものですね。


ありがとうを登美子さんへ 投稿者:信之  投稿日:02月11日(水)23時37分43秒

合格と携帯の中声はずみ 登美子 
めぐり逢ひ三十路の恋の雪明り 〃

文句なしに好きな句。人間が生きていますからね。こちらの心も弾んできますよ。

<ここはいろんな方の句が拝見できて、励みになります。コメントも楽しいですね。>
私にとっての大きな励みになりました。ありがとう。


ひな祭り 投稿者:阪本登美子  投稿日:02月11日(水)19時51分13秒

合格と携帯の中声はずみ
緑蔭やしばしベンチで句を詠まむ
めぐり逢ひ三十路の恋の雪明り
群青の青さにまさる鯉幟

ここはいろんな方の句が拝見できて、励みになります。コメントも楽しいですね。


安丸徹二さんへ 投稿者:信之  投稿日:02月11日(水)13時07分48秒

シカゴの春より可愛い電話のバイリンガル 徹二

楽しんでいますね。作り手の気持ちがこちらに伝わってきますよ。
またの俳句をお待ちしています。


安丸徹二さんの俳句(E-mailからの転載) 投稿者:信之  投稿日:02月11日(水)13時00分32秒

五輪湧き 景気も胎動 春近し  (何せ塩漬け株を持っておりまして)

小さくも でっかい雄姿 冬五輪 (スケート清水選手の快挙を祝して)

シカゴより 可愛い電話 バイリンガル  (6歳の孫娘から)


火曜日のコメント 投稿者:信之  投稿日:02月10日(火)19時12分21秒

吹く風の止む度温き二月かな なべ
春風の止む度温き停留所 なべ

「度」という言葉を使うのは、時間の経過がありますので、初心者には難しすぎる表現です。

<春寒き風止むバスを待ちおれば>

これは添削というよりも私の改作といった句ですが。

人の歩の幅広くなり春息吹 晃
あぜ道の石動かせて春生まれ 晃

なかなかの俳句が出来ましたね。<こんがらがっています>ことは何もありませんが。
どういたしました。


頭がこんがらがっています 投稿者:吉田晃  投稿日:02月10日(火)13時57分38秒

人の歩の幅広くなり春息吹
冴える町の火影ようよう強くなり
酒を酌む火影に春の息吹かな
あぜ道の石動かせて春生まれ


いつもコメントありがとうございます 投稿者:なべ  投稿日:02月10日(火)08時10分35秒

<吹く風の止む度温き二月かな>
を

<春風の止む度温き停留所>
としましたがどうでしょうか?


俳句のコメント 投稿者:信之  投稿日:02月09日(月)13時38分01秒

<リハビリの人立ち止まり黄水仙 けいじ>
季語(黄水仙)の働きの良い俳句ですね。姿もよいですよ。

<吹く風の止む度温き二月かな なべ>
風景を知る手がかりが「風」という言葉しかないのは、読み手にとっては、とても苦しいですね。


(無題) 投稿者:なべ  投稿日:02月09日(月)12時20分22秒

吹く風の止む度温き二月かな


すいせん 投稿者:けいじ  投稿日:02月09日(月)11時51分02秒

リハビリの 人立ち止まり 黄水仙


ご投句ありがとうございました 投稿者:信之  投稿日:02月08日(日)22時43分12秒

緑丘さん・芳福さん

木枯らしに向かいてナイキぐんぐんと 緑丘
気もそぞろテレビに向かう入試かな 芳福

お子さんの俳句ですね。ここにご投句いただいている方には、他にも受験生を抱えて居られます。
受験の俳句を歓迎します。俳句は受験地獄とは、無縁のものですからね。

登美子さん

独り住みはじめて窓や春の雪
旅終へしアルバム整理春炬燵

しっかりした俳句をいつも沢山書き込んでいただき、ありがとうございます。
またの俳句をお待ちしています。


マーガレット 投稿者:阪本登美子  投稿日:02月08日(日)17時34分47秒

春雷や今日のはじめの一行目
春一番犬かけまわり砂浴びる
独り住みはじめて窓や春の雪
旅終へしアルバム整理春炬燵
春の宵A列車で行くジャズの旅

題名は私の好きな花にちなみました。


よろしく 投稿者:林 緑丘  投稿日:02月08日(日)16時35分36秒

木枯らしに  向かいてナイキ  ぐんぐんと

息子が今はやりのナイキの野球帽をかぶりちょっと自慢そうに力強くあるくさまを詠んでみましたが、、、、、、。


よろしくおねがいします 投稿者:林 緑丘  投稿日:02月08日(日)12時03分33秒

気もそぞろ  テレビに向かう  入試かな    芳福

春一番  きそって芽をだす ちゅーりっぷ   緑丘


上出拓郎さんへ 投稿者:信之  投稿日:02月08日(日)09時42分54秒

お母さんの俳句のご投稿ありがとうございました。

<供華とせる薄墨桜咲き初めし 真佐子>

こういう俳句は、それなりの年月をかけて(俳句も人生も)、はじめて出来るもので、
高く評価します。
わたしの母は、昨年の1月、92歳で亡くなりましたが、死ぬ間際まで俳句を作って
いました。そのなかから一句:

<美しく老いたき願い福寿草 千代子>

上出真佐子さんへよろしくお伝え下さい。真佐子さんの俳句をお待ちしています。


無題 投稿者:上出真佐子  投稿日:02月08日(日)09時04分15秒

供華とせる薄墨桜咲き初めし

雪やみてこぼる日射しの春めきぬ

(川西市で一人住まいの母 上出真佐子(83歳)の作った俳句を
  代理で投稿しております。 よろしくお願い申し上げます。
   上出拓郎)


訂正 投稿者:信之  投稿日:02月07日(土)14時35分17秒

<なかなの俳句ですね。>を
訂正:
<なかなかの俳句ですね。>


ご投稿ありがとうございました 投稿者:信之  投稿日:02月07日(土)14時32分26秒

<伊予柑のしづくのまヽの手にて食す 真佐子>

ご投稿ありがとうございました。なかなの俳句ですね。出来ています。


(無題) 投稿者:上出真佐子  投稿日:02月07日(土)14時24分36秒

                          (お)
伊予柑のしづくのまヽの手にて食す

たむろする犬のたくまし草萌ゆる

白梅のふふみ初めたるうす緑

木々煙り山辺の春も遠からじ


吉田晃さんへ 投稿者:信之  投稿日:02月06日(金)22時55分27秒

貯水池にガチンと春の氷かな
風の子の町にあふるる春帽子

粗削りをうまく生かしたところに生命感が溢れていますね。晃さんのスタイル
が出ているのがいいですね。コメントも読ませますよ。


末っ子もようやく・・・ 投稿者:吉田晃  投稿日:02月06日(金)18時06分46秒

貯水池にガチンと春の氷かな
凍てついた闇切り裂いて猿一声
目にうろこつけて見ており春の月
風の子の町にあふるる春帽子
ストーブの音心地よき二月かな
足跡の土黒々と水の春
思春期をすぎて子の声もどりけり

   柳谷から小田深山への道を通っていると、時折、猿のけたたましい声が
  響いてきます。昨年は暖冬でしたから、エサは豊富にあったと思いますが、
  年明けの雪で、エサ探しに苦労しているのではないかと思います。
  人里に出ては悪さ?をする猿ですが、小猿を抱いた母猿の懸命に生きる姿
  が想像されます。


わたしの大好きな句 投稿者:信之  投稿日:02月06日(金)14時39分02秒

<見る度に顔近づけてヒヤシンス なべ >

こういう句がわたしの大好きな句です。なべさんと同じ体験が出来た喜びです。わたしの五感が
生き生きと働きました。大きく息を吸い込みましたね。


早速 投稿者:なべ  投稿日:02月06日(金)12時10分26秒

見る度に顔近づけてヒヤシンス


修復いたしました 投稿者:管理人・高橋信之  投稿日:02月06日(金)11時02分09秒

障害が発生して掲示板での書き込み不可能となっていましたが、今は修復いたしました。
ご利用下さい。TCUP管理者よりのお知らせをご参考まで下に書き込みました。

●お知らせ

                ・ドメインtcup1、tcup2に
                て2月5日(木)朝より障害が発生し
                ており、全掲示板で書き込み不可能と
                なっています。 明日の朝までには回
                復処理を完了する予定です。ご迷惑を
                おかけしますが、お待ちください 

                <その後の詳細情報>

                今朝4時頃、新サーバーのハードディ
                スクがクラッシュしました。
                これはアクセス過多によるものでな
                く、新サーバーの初期トラブルと思わ
                れます。
                朝の9時頃、ハードウェア交換を完了
                し、データは前日のバックアップより
                回復作業中
                ですが、いまだ完全稼動に至っており
                ません。
                最善をつくしておりますので、お待ち
                ください。

                なお、再稼動は、早くても明日朝の予
                定です。昨夜のバックアップからの回
                復のため少なくとも
                約半日分のデータが消えることになり
                ますが、ご了承ください。

                TCUP管理者
-- 


テスト 投稿者:信之  投稿日:02月06日(金)10時44分59秒

テストです。


俳句は子どものような心で 投稿者:信之  投稿日:02月03日(火)22時32分19秒

なべさん
<冬越えし土鍋のひびやふたつみつ>
「これはだめでしょうね?」
善し悪しの問題ではなく、これは、まったくの月並み俳句なのです。

緑丘さん
<電話口声高らかに鬼は外 芳福>
これは、私の好きな句です。文句なしに楽しいですね。


節分 投稿者:林 緑丘  投稿日:02月03日(火)22時20分07秒

電話口  声高らかに  鬼は外      芳福

節分や  窓をあけずに 鬼は外    緑丘


(無題) 投稿者:なべ  投稿日:02月03日(火)18時05分48秒

冬越えし土鍋のひびやふたつみつ

これはだめでしょうね?


けいじさんへ 投稿者:信之  投稿日:02月03日(火)17時51分20秒

<まんさくの花持つ人と無人駅 けいじ>

この俳句と
<霜の朝バス待つ耳にピアス揺れ>
とを並べて鑑賞しています。特に深い意味を持たせているわけではありませんが、
フレシュなものを感じますね。


無題 投稿者:けいじ  投稿日:02月03日(火)16時49分05秒

まんさくの  花持つ人と  無人駅

襟元へ 紅映りそうな  しもやけ耳


俳句をありがとう 投稿者:信之  投稿日:02月03日(火)01時14分03秒

けいじさん
<日脚伸ぶ定年近き人の背に>
まとまってはいますが、それよりも元気の良い句が好きですね。

なべさん
風邪の子の枕辺に置く冬苺 
旧正の餅と届きぬ父の筆
人間らしいあたたかさに惹かれます。それも身近な人に向けられているのがいいですね。


添削をお願いします 投稿者:なべ  投稿日:02月02日(月)17時34分20秒

風邪の子の枕辺に置く冬苺
温き冬赤き実命長らえて
旧正の餅と届きぬ父の筆

よろしくお願いします。


無題 投稿者:けいじ  投稿日:02月02日(月)17時11分17秒

日脚伸ぶ 定年近き 人の背に

襟元へ 紅映りそうな 霜の


椿はわたしの好きな花  投稿者:信之  投稿日:02月01日(日)09時58分32秒

詫助を手折りて妻を茶にさそう 緑丘

詫助は何色でしょうか。わたくしの家のは、赤ですが。妻が二三十本ほどの椿を育てています。
椿は、わたしの大好きな花です。


椿はわたしの好きな花  投稿者:信之  投稿日:02月01日(日)09時58分32秒

詫助を手折りて妻を茶にさそう 緑丘詫助は何色でしょうか。わたくしの家のは、赤ですが。妻が二三十本ほどの椿を育てています。椿は、わたしの大好きな花です。