俳句掲示板/水煙購読者専用
No.1190◆:吉田 晃 [2000年3月10日 20時46分55秒]
▲ : http://user.shikoku.ne.jp/akkun-yj/
 風光る風のあとより風のきて
 明日への望みを胸に春の月
 三月や古き写真をめくりけり
No.1189◆:堀佐夜子 [2000年3月10日 15時37分34秒]
犬かける川原広々揚げ雲雀
葱の花話上手に聞き上手
坪庭の椿の花や温泉の宿
No.1188◆:相原弘子 [2000年3月10日 14時53分3秒]
▲ : http://user.shikoku.ne.jp/hiroko47/

 幾度も春霜空も地も展け
 鍬を担いでくる草萌える中
 彼岸桜杜ある方へ抜ける道
No.1187◆:登美子 [2000年3月10日 14時34分32秒]
初蝶のふいに飛び出す厨口
雛の膳手毬麩の椀にみつ葉の香
鳥雲に午後のコーヒー香り満つ
No.1186◇:高橋信之 [2000年3月10日 10時10分57秒]

水煙投句

水煙5月号は、創刊200号です。5月号の投句締切は、
今日(3月10日)ですので、未だの方は、[春の句10句]を
メールでお送りください。よろしくお願いします。

森隆博さん、藤田洋子さん、
守屋光雅さん(郵送)、藤田裕子さん(郵送)、
登美子さん、哲斉さん、勝馬さん、
高男さん、勇治さん、弘子さん、
けいじさん、萬地郎さん、
佐夜子さん、ゆたかさん、牛二さん、
ご投句確かに受信致しました。ありがとうございます。
No.1184◇:高橋信之 [2000年3月10日 9時51分16秒]

俳句のコメント

が、高橋正子の掲示板、相原弘子の掲示板、
藤田洋子の掲示板、水煙第2掲示板に書き
こまれていますので、お立ち寄りください。
No.1182◇:あらま俳句会 大西和章 [2000年3月10日 9時24分43秒]
影ゆらぎ雲流れいく春の川  和章
夜もふけて片付けつかず春ストープ  和章
No.1181◆:守屋光雅 [2000年3月10日 8時45分40秒]
春の風邪母には重くのしかかり
老いた人庭眺め入る春障子
梅咲いて魯迅像あり医専跡
No.1180◆:伊嶋高男 [2000年3月10日 7時6分10秒]
信之先生、「今日の推奨句」ありがとうございます。
正子先生、洋子さん、句評ありがとうございました。

草もちと桜もちとを二つづつ
引鴨やいつまで続く川普請
マネキンの春着にそえるなまめきて
No.1179◆:森 隆博 [2000年3月10日 6時42分0秒]
▲ : http://www.lucksnet.or.jp/~ji4adv/

朝の道声を掛けあえり残る雪
No.1178◆:牛二 [2000年3月9日 18時15分29秒]
▲ : http://www.lucksnet.or.jp/~watanabe/

初燕見し出張の車中にて
播州の春の夕日を見て帰る
風止むやひと時春の温さかな

弘子さん、コメントありがとうございます。
暖かくなったり、寒くなったり大変です。
No.1176◆:相原弘子 [2000年3月9日 14時58分52秒]
▲ : http://user.shikoku.ne.jp/hiroko47/

 かたわらへ石放っては耕しす
 遠足の次の一列もはしゃぐ声
 春寒に提げて魚の青光り
No.1174◆:堀佐夜子 [2000年3月9日 12時45分29秒]
この道はいつか来た道げげ田道
画架決めるベレー帽居て風光る
春の庭室出しの壷まぶしかり

Res>◆:堀佐夜子 [2000年3月9日 12時48分5秒]
訂正願います 室⇒窯
No.1173◇:高橋信之 [2000年3月9日 12時9分59秒]
▲ : http://junko.hirotaka.co.jp/
名古屋の堀川ぞい(地元では黒川と呼んでいる)で、
ジャズライブとふるさと情景を歌うのイベントがあ
りますので、メールでご参加ください。上記のアド
レスのホームページをご覧ください。
なお、談話室にもご案内があります。
No.1172◇:あらま俳句会 大西和章 [2000年3月9日 11時54分46秒]
ほほえんで襟元正す受験生  和章
受験期の緊張解す春の雪  和章
No.1168◆:吉田 晃 [2000年3月9日 7時42分52秒]
▲ : http://user.shikoku.ne.jp/akkun-yj/
 集会の窓濡らしける春の雪
 子の顔の素直に春の色しけり
 影濃くて春の動きの鬼ごっこ
 
No.1167◆:森 隆博 [2000年3月9日 6時43分2秒]
▲ : http://www.lucksnet.or.jp/~ji4adv/

末黒野やささやかな風吹いており
No.1166◆:伊嶋高男 [2000年3月9日 6時36分48秒]
さみどりやきぶしの穂花垂直に
青空に今におい立つ花さんしゅゆ
ゆでだこのいぼのさきなる白あしび
No.1165◆:けいじ [2000年3月9日 0時8分0秒]
▲ : http://www.bea.hi-ho.ne.jp/kfuruta/
・春空へ地下鉄階段2段ずつ

JR名古屋駅ビル
・春一番ツインタワーを抜けてくる
No.1164◆:福田由平 [2000年3月8日 23時53分16秒]
(道明寺天満宮にて)
茶店には手炙り置きて梅見かな
梅の香は鼻腔に甘き香りなり
甘酒の腹にあたたか梅の花
No.1163◆:牛二 [2000年3月8日 18時29分30秒]
▲ : http://www.lucksnet.or.jp/~watanabe/

春宵や工事現場の灯がうるむ
細々と日のある土手や蕗の薹
白子干箸より落つるふたつみつ
No.1162 ◆:堀佐夜子 [2000年3月8日 15時34分21秒]
枝垂れ梅一輪二輪咲く日陰
歩道橋無き街に住みげげ田道
観梅に見え隠れせし天守閣

信之先生、夫幹夫の句にコメント頂き有難う御座います。
No.1161 ◆:守屋光雅 [2000年3月8日 15時27分16秒]
春の雪湧き上がり来るビルの窓
シクラメン越して市街を見下ろしぬ
淡雪や晴れ間は子らの声高し
No.1160◆:相原弘子 [2000年3月8日 15時0分8秒]
▲ : http://user.shikoku.ne.jp/hiroko47/

 雪解風大きくなった犬の声
 伊予柑の箱積んであり送迎車
 春の土手押し車に積み替えぬ
No.1159◇:あらま俳句会 日野正人 [2000年3月8日 11時34分21秒]
夕食のカツを一気に受験生 正人
ドライブの春風の居る駐車場  正人
Res>◆:守屋光雅 [2000年3月8日 20時40分14秒]
ご両親の期待を一身に受ける息子の姿。
若さがはちきれそうです。明日の合格間違いなし。
No.1158◇:あらま俳句会 大西和章 [2000年3月8日 11時6分13秒]
進みゆく山峡の道春霞  和章
行く道を菜の花咲きて迎えおり  和章
No.1157◆:伊嶋高男 [2000年3月8日 7時57分58秒]
裏富士の融けてまぎれし春の空
山国の春まだ浅き峠道
林間を春の瀬音の高まりぬ
No.1156◆:森 隆博 [2000年3月8日 6時37分23秒]
▲ : http://www.lucksnet.or.jp/~ji4adv/

解体の瓦積まれて水温む
No.1155◆:藤田洋子 [2000年3月7日 23時9分35秒]
遠足の黄色帽子の揺れる山
やわらかな大気充ちきて春茜
牡丹の芽一つ一つに光受く
No.1154◆:けいじ [2000年3月7日 22時39分31秒]
▲ : http://bea.hi-ho.ne.jp/kfuruta/
・大股で芽吹く銀杏の影を踏み
・春来たる半島に向け電車に乗る
No.1153◆:相原弘子 [2000年3月7日 14時10分45秒]
▲ : http://user.shikoku.ne.jp/hiroko47/

 畦焼のあちらこちらに建ち人家
 大ぶりに刻まれる音春キャベツ
 アンテナの取り付け春昼輝かせ
No.1152◇:あらま俳句会 大西和章 [2000年3月7日 9時7分47秒]
鉢花のあとに地虫動めきて  和章
啓蟄の土おこす手の力入り  和章

No.1151◆:伊嶋高男 [2000年3月7日 8時38分18秒]
ハンドルを切り残雪の峠道
上流の蕎麦屋に憩う梅日和
奥多摩の花黄梅とメールあり
No.1150◆:守屋光雅 [2000年3月7日 7時26分47秒]
北アルプス学生遭難・二人の生還を祈りて

雪崩あり若き岳人生きて欲し
捜索隊雪崩の若人掘りあてよ
大日よ雪崩の二人救われよ
No.1149◆:森 隆博 [2000年3月7日 6時36分0秒]
▲ : http://www.lucksnet.or.jp/~ji4adv/

陳列棚花の香りの応接室
No.1148◇:あらま俳句会 日野正人 [2000年3月7日 2時12分54秒]
啓蟄の大地のゆりかご押してみる  正人
春の夕森がゆっくり温度下げ 正人
Res>◇:あらま俳句会 日野正人 [2000年3月7日 8時59分36秒]
お詫びして訂正します。

春の夕森がゆっくり温度下げ を 
 春の夕森が温もり連れ帰る に訂正します。
No.1147◆:吉田 晃 [2000年3月6日 23時17分20秒]
▲ : http://user.shikoku.ne.jp/akkun-yj/

 紅梅の静かに今は授業中
 春の雨山鳥の声湿らせし
 菜の花の揺れても風の寒き肌

 添削  郵便夫春の瀬音を渡りけり
No.1146◆:堀佐夜子 [2000年3月6日 20時58分25秒]
枝垂れ梅一輪二輪咲く日陰

「私の好きな句」
蕗の薹昨日の雨が指先に  牛二
立雛に今日の心を見つめらる  洋子
初蝶を空の青さに見失う  洋子
耕され春暖かな土になる  晃 
春めく日再就職の鞄買う   けいじ

選句だけですみません。五句ともすごく好きな句ばかりです。

 




Res>◆:藤田洋子 [2000年3月7日 23時12分55秒]
佐夜子さん、選句していただきありがとうございます。
Res>◇:牛二 [2000年3月7日 19時15分40秒]
ありがとうございます。
選句も出来ないでいる牛二です。
Res>◆:けいじ [2000年3月7日 15時8分19秒]
佐夜子さん、コメント有り難う。
ちょっとだけうれしい気持ちになって、詠みました。
Res>◆:吉田 晃 [2000年3月6日 23時25分30秒]
▲ : http://user.shikoku.ne.jp/akkun-yj/
 佐夜子さん、お選び下さってありがとうございます。

 [春土の温もりの目に見えており]です。山と畑と
 川しかない山にはさまれた小さな小学校です。
Res>◆:吉田 晃 [2000年3月6日 23時21分29秒]
▲ : http://user.shikoku.ne.jp/akkun-yj/
 佐夜子さん、お選び下さってありがとうございます。

 [春土の温もりの目に見えており]です。山と畑と
 川しかない山にはさまれた小さな小学校です。
No.1145◆:牛二 [2000年3月6日 18時16分7秒]
▲ : http://www.lucksnet.or.jp/~watanabe/

啓蟄や一枚脱いで土起こす
喇叭水仙今年も増えし庭の隅
蕗の薹昨日の雨が指先に
No.1144◆:有吉孝史 [2000年3月6日 17時28分29秒]
春の光りが海に透けて底まで 孝史

「森竹君へメッセージがあります。」

どうやら、ホームページに記入されているメールアドレスが、
正確ではないようなので、私の名前をクリックして頂いて、
メール下されば、折り返し御返事いたします。
よろしくお願いします。

ちなみに、下記のアドレスではダメでした。
"tomo1210@oitaweb.ne.jp"@mail.goo.ne.jp
No.1143◆:守屋光雅 [2000年3月6日 17時19分45秒]
剪定枝雪に刺さりて黒い骨
手編み着せ犬のお散歩婦人かな
春めくや木の影映す城の壁
No.1142◆:野上哲斉 [2000年3月6日 15時11分53秒]
 高橋先生、正子さん、メール有り難うございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。
 
 「私の好きな句」

 囀りの大きくなって街動く    森竹智則
囀りは、夜明けと共に徐々にトーンを上げてきて、
街全体が動くとの表現、青年らしい春を呼ぶ句。

 立雛に今日の心を見つめらる   藤田洋子
飾り雛の美しい瞳に見つめられて、自分自身の心の
動揺を、まるで見透かされてでもいるかの様に。

 春めく日再就職の鞄買う     けいじ
十数年前に、私も再就職用の鞄を買い求めました。
小ぶりで句会にも使える物を。やはり春でした。
Res>◆:藤田洋子 [2000年3月7日 23時15分55秒]
哲斉さん、句評いただきましてありがとうございます。
Res>◆:けいじ [2000年3月7日 15時11分29秒]
哲斉さん、コメント有り難うございます。
思いがけない再就職で、意気込むわけではないのですが、かばんを
かって、少し新鮮な気持ちになっています。
No.1141◆:相原弘子 [2000年3月6日 14時45分23秒]
▲ : http://user.shikoku.ne.jp/hiroko47/

 春の風いつもひらけている南
 朝の声卒業式の近き子等
 菜の花の見えてくるのがなぜか揺れ
No.1140◆:登美子 [2000年3月6日 14時44分50秒]
沈丁花匂いふくらむ夕月夜
囀りや青空の青抜けゆきて
一湾にあげくる潮や春怒涛
No.1139◆:伊嶋高男 [2000年3月6日 8時15分48秒]
今週の推奨句ありがとうございます。

週末の青山通り春の色
春服を飾るショーウインドーうす埃
春闘や白昼夢のごとデモの列
No.1138◆:森 隆博 [2000年3月6日 6時42分55秒]
▲ : http://www.lucksnet.or.jp/~ji4adv/

野焼あと山から見ればのどか村
No.1137◇:高橋信之 [2000年3月6日 6時34分8秒]

水煙雑詠投句

水煙5月号は、創刊200号です。5月号の投句締切は、
3月10日ですので、<春の句10句>をメールでお送
りください。よろしくお願いします。

古田けいじさん、霧野萬地郎さん、
堀佐夜子さん、野田ゆたかさん、渡邉牛二さん、
ご投句確かに受信致しました。ありがとうございます。