デイリー句会

     第141回句会(2001年1月20日)〜第160回句会(2001年2月8日)


No.244◆:発表 [2001年2月9日 7時30分10秒]

第160回句会(2月8日)入賞発表/高橋信之選

第160回句会(2月8日)の最優秀句、優秀句は、
下記に決定しました。おめでとうございます。

入賞句についての句評、入賞についての伝言等を該当句
の下に<レス>を使って書き込んで下さい。

▼選者詠/高橋信之
菜の花の茎のみどりが透きとおる
春の雲少し抑えた脹らみに
天井にかるがる吊られ春灯し
Res>◆:追加発表/日野正人 [2001年2月10日 0時51分4秒]

最高点句/5点

★遮断機が上がる桜の芽の中へ/相原弘子
      No.243◆:発表 [2001年2月9日 7時29分45秒]

      最優秀
      遮断機が上がる桜の芽の中へ/相原弘子


      写生がいい。空間をうまく切り取っている。季感がいい。時間の流れをうまく捉えている。(評:高橋信之)
      Res>◆:相原弘子 [2001年2月9日 15時3分37秒]
       信之先生、最優秀句にお選びいただきありがとうございました。
       光雅様、佐夜子様、選句コメントをありがとうございます。
       光雅様の桜開花前線に、きょうの青空が久しぶりなのを思って
       います。
          Res>◆:堀佐夜子 [2001年2月9日 7時46分59秒]

          桜芽は日に日に膨らんで来ました。桜には少し遮断機
          の触れるのが可愛そうな気もします。
              Res>◆:守屋光雅 [2001年2月9日 7時46分15秒]

              桜の季節を待つ気持ちが構成よく表現されているよう
              に思います。手持ちの桜開花前線を見ますと当地より
              1ヶ月早いようですね。
                  No.242◆:発表 [2001年2月9日 7時29分22秒]

                  優秀
                  春立つ日黄色い薔薇を持ち帰る/伊嶋高男
                  Res>◆:岩本康子 [2001年2月9日 7時45分26秒]

                  作者にとってどんな日だったのでしょうか?黄色い薔
                  薇ということで、とても心が弾んだ日だったことと思
                  います。 薔薇の中でも黄色は特別の色だと思います。
                      No.241◆:発表 [2001年2月9日 7時29分3秒]

                      優秀
                      剪定鋸林檎の畑に光りけり/守屋光雅
                      Res>◆:守屋光雅 [2001年2月9日 12時13分26秒]
                      信之先生,お選び頂き誠にありがとうございます。今気がつきましたが,第160回句会になるのです。凄いロングランです。ご指導ありがとうございます。
                      高男さん,萬地郎さん,俊郎さん,弘子さn,選句コメントありがとうございます。畑の積雪は30〜40センチ位あります。
                      日差しが強いので剪定する人は皆サングラスをしています。
                          Res>◆:相原弘子 [2001年2月9日 7時44分15秒]

                          林檎畑はまだ雪の中ではないのでしょうか。その中へ梯
                          子を立てて、剪定をするというのを、小学校で習ったよ
                          うに思います。光る剪定鋸を想像しています。
                              Res>◆:右田俊郎 [2001年2月9日 7時43分14秒]

                              林檎の剪定は春浅き頃の風物詩ですね。とは言え、作
                              業をする人達にしてみれば重労働でしょうね。
                                  Res>◆:霧野萬地郎 [2001年2月9日 7時42分35秒]

                                  未だ冬の気配が残る中での、リンゴの剪定。その鋸が
                                  日に光る。リンゴ生産者にとっての最初の仕事なので
                                  しょうか。
                                      Res>◆:伊嶋高男 [2001年2月9日 7時41分39秒]

                                      2,3日前にテレビで青森の林檎の剪定作業の記録フ
                                      ィルムを見ました。岩木山か岩手山かはっきりしませ
                                      んがきれいでした。春先の作業だといっていましたが、
                                      もうはじまっているのですか。積雪はどの位なのでし
                                      ょうか。
                                          No.240◆:発表 [2001年2月9日 7時28分46秒]

                                          優秀
                                          草萌えの土手に挨拶もらう朝/吉田 晃
                                          No.239◆:発表 [2001年2月9日 7時28分16秒]

                                          優秀
                                          伊予柑の丸きカーブの雨弾き/目見田郁代
                                          Res>◆:目見田郁代 [2001年2月9日 11時57分34秒]
                                          信之先生
                                          優秀句にお選び戴きまして有難うございました。
                                          伊予柑のオレンジ色の明るさは雨が降っても陽が
                                          降っても眩く光り元気もらえます。
                                              No.238◆:発表 [2001年2月9日 7時27分56秒]

                                              優秀
                                              物の影くっきりとして春進む/岩本康子
                                              No.237◆:発表 [2001年2月8日 10時32分19秒]

                                              第159回句会(2月7日)入賞発表/高橋信之選

                                              第159回句会(2月7日)の最優秀句、優秀句は、
                                              下記に決定しました。おめでとうございます。

                                              入賞句についての句評、入賞についての伝言等を該当句
                                              の下に<レス>を使って書き込んで下さい。

                                              ▼選者詠/高橋信之
                                              春浅き地に樹の影の倒れ濃き
                                              鉢植えにして花ふきのとう売られ
                                              菜の花もある小さき花束を買う
                                              Res>◆:追加発表/日野正人 [2001年2月9日 0時11分7秒]

                                              最高点句/3点
                                              同点3句

                                              杭削る手斧に春のリズム音/吉田晃
                                              手のひらにつつむ小石のあたたかし/阪本登美子
                                              早春の天より地まで細き雨/吉田晃
                                                  No.236◆:発表 [2001年2月8日 10時31分52秒]

                                                  最優秀
                                                  蒲公英や土手の日おもて眩しかり/堀佐夜子

                                                  Res>◆:堀佐夜子 [2001年2月8日 14時52分1秒]
                                                  信之先生、最優秀句にお選び頂き有難う御座います。
                                                  昨日に続いての選句を頂き嬉しくて、主人に貴方も早く
                                                  作りなさいと言ってしまいました。作りそうにも有りませんが、
                                                  本当に有難う御座いました。
                                                      No.235◆:発表 [2001年2月8日 10時31分29秒]

                                                      優秀
                                                      海峡に春の潮満ち船高し/岩本康子

                                                      Res>◆:岩本康子 [2001年2月8日 20時30分16秒]
                                                      信之先生、お選びいただき有難うございます。 伊嶋様、選句とコメントを有難うございます。 句の海峡は関門海峡で、ふだんはくら―い海底トンネルを通る電車で通勤していますが、時々、船で帰ることがあります。 特に、お天気のいい日は気持ちがいいのでそうします。その時目にした光景です。



                                                          Res>◆:伊嶋高男 [2001年2月8日 10時47分17秒]

                                                          春の満ち潮に大きな船が盛り上がって見える。橋の上か小
                                                          高い所からの眺望でしょうか。広がりのある空間が見える
                                                          ようで気持がいいですね。
                                                              No.234◆:発表 [2001年2月8日 10時31分3秒]

                                                              優秀
                                                              残り鴨雨降れば強き羽音させ/大谷悦子

                                                              Res>◆:大谷悦子 [2001年2月8日 15時15分31秒]
                                                              信之先生 優秀句にお選びいただき有難うございました。
                                                              感謝申し上げます。今日は一羽も居ませんでした。
                                                                  No.233◆:発表 [2001年2月8日 10時30分44秒]

                                                                  優秀
                                                                  寒明けて静かさに座す和上像/霧野萬地郎
                                                                  Res>◆:霧野萬地郎 [2001年2月8日 20時28分52秒]
                                                                  信之先生、有難うございます。唐招提寺金堂の平成大修理記念として、東京都美術館で鑑真和上展が開催されています。年に数日しか開帳されない和上像が公開されています。和上像以外にも金堂に安置されていた、国宝の仏像がありました。
                                                                      No.232◆:発表 [2001年2月8日 10時30分22秒]

                                                                      優秀
                                                                      淡雪や東山から澄む水に/古田けいじ
                                                                      No.231◆:発表 [2001年2月8日 10時29分59秒]

                                                                      優秀
                                                                      知らぬ地で交わす挨拶春の朝/日野正人
                                                                      Res>◆:日野正人 [2001年2月9日 0時16分13秒]
                                                                      信之先生 優秀句にお選びいただき、ありがとうございました。
                                                                      慣れない地方での3日間でしたが、自分の故郷と重なる景色に
                                                                      出逢うと、ほっとすることもありました。

                                                                          No.230◆:発表 [2001年2月7日 14時31分10秒]

                                                                          第14回橘句会(2月5.6日)入賞発表/高橋正子選

                                                                          第14回句会の最優秀句、優秀句は、下記に決定しました。
                                                                          おめでとうございます。

                                                                          入賞・俳句についての伝言・コメントを該当句の下に
                                                                          <レス>を使って書き込んで下さい。
                                                                          No.229◆:発表 [2001年2月7日 14時14分24秒]

                                                                          最優秀
                                                                          海峡に春を告げたり遠汽笛/岩本康子

                                                                          Res>◇:八木孝子 [2001年2月7日 22時14分47秒]
                                                                          春の到来を告げているような遠くの汽笛の音、康子さんの
                                                                          海の句にはいつも夢と希望が感じられます。
                                                                              Res>◆:岩本康子 [2001年2月7日 20時10分15秒]
                                                                              正子先生、お選びいただき有難うございます。 まだまだ、冬と春が入り乱れた季節で落ち着きませんが、やはり春は1歩1歩確実に近づいているようです。 敏感に五感を働かせ、楽しめたらと思います。
                                                                                  No.228◆:発表 [2001年2月7日 14時14分4秒]

                                                                                  優秀
                                                                                  木蓮の蕾空へと立ち揃う/藤田洋子
                                                                                  Res>◆:藤田洋子 [2001年2月7日 22時3分45秒]
                                                                                  正子先生、選んでいただきありがとうございます。
                                                                                  蕾のやがてほぐれ、空へ向かって開く木蓮の
                                                                                  大輪がはや待ち遠しいです。
                                                                                      No.227◆:発表 [2001年2月7日 14時13分46秒]

                                                                                      優秀
                                                                                      飼う鳥の遠く近くに囀れる/相原弘子

                                                                                      Res>◆:相原弘子 [2001年2月7日 14時39分1秒]
                                                                                       正子先生、優秀句にお選びいただきありがとうございました。
                                                                                          No.226◆:発表 [2001年2月7日 14時13分26秒]

                                                                                          優秀
                                                                                          一輪の椿の生けてある蕎麦屋/大谷悦子

                                                                                          Res>◆:大谷悦子 [2001年2月8日 15時17分2秒]
                                                                                          申し訳ありません。レス番号を間違えました。
                                                                                              Res>◆:大谷悦子 [2001年2月8日 15時13分8秒]
                                                                                              信之先生 優秀句にお選びいただき有難うございました。
                                                                                              感謝申し上げます。今日は一羽も居ませんでした。
                                                                                                  Res>◆:大谷悦子 [2001年2月7日 20時32分36秒]
                                                                                                  正子先生 優秀句にお選びいただき有難うございました。
                                                                                                      No.225◆:発表 [2001年2月7日 14時13分7秒]

                                                                                                      優秀
                                                                                                      日脚伸ぶ青年バイクを分解す/多田有花
                                                                                                      Res>◆:多田有花 [2001年2月8日 12時46分22秒]
                                                                                                      正子先生、優秀句にお選びいただきありがとう
                                                                                                      ございました。ぐずついた天気が続きますが、
                                                                                                      晴れるとその光の明るさに驚かされるこのごろ
                                                                                                      です。
                                                                                                          No.224◆:発表 [2001年2月7日 14時12分44秒]

                                                                                                          優秀
                                                                                                          咲く花の影より青い芽クロッカス/祝 恵子

                                                                                                          Res>◆:高橋正子 [2001年2月7日 23時12分13秒]

                                                                                                          クロッカスの小さな青い芽に、はっとさせられますね。
                                                                                                          命の芽吹きですね。
                                                                                                              Res>◆:祝恵子 [2001年2月7日 19時55分45秒]
                                                                                                              正子先生、優秀句におとり上げ頂きありがとうございます。
                                                                                                                  No.223◆:発表 [2001年2月7日 14時12分24秒]

                                                                                                                  優秀
                                                                                                                  伊予柑に爪立てて香気ほとばしる/山野すみ子

                                                                                                                  Res>◆:山野きみ子 [2001年2月8日 10時8分39秒]
                                                                                                                  正子先生 お選びいただき有難うございます。
                                                                                                                  八木孝子様 有難うございます。慣れないものでおたおたしております。よろしくお願い致します。 
                                                                                                                      Res>◇:八木孝子 [2001年2月7日 22時18分10秒]
                                                                                                                      伊予柑を剥くときのあの香気、「ほとばしる」という表現が
                                                                                                                      うまいなあと思います。
                                                                                                                          No.222◆:発表 [2001年2月7日 14時12分5秒]

                                                                                                                          優秀
                                                                                                                          春近し葛根湯の甘さかな/多田有花

                                                                                                                          Res>◆:多田有花 [2001年2月8日 13時0分45秒]
                                                                                                                          正子先生、優秀句にお選びいただきありがとう
                                                                                                                          ございました。おかげさまで風邪も完治しました。
                                                                                                                              Res>◆:高橋正子 [2001年2月7日 23時10分53秒]

                                                                                                                              葛根湯が、風邪にゆっくりと効いてきそうですね。春近い
                                                                                                                              ころには、意外に風邪をひくものですね。お大事に。
                                                                                                                                  No.221◆:発表 [2001年2月7日 14時11分44秒]

                                                                                                                                  優秀
                                                                                                                                  白梅の一つほころび雨少し/大谷悦子

                                                                                                                                  Res>◆:高橋正子 [2001年2月7日 23時7分21秒]

                                                                                                                                  優しく、清楚な感じがとてもよいと思いました。
                                                                                                                                      Res>◆:大谷悦子 [2001年2月7日 20時30分31秒]
                                                                                                                                      正子先生 ご指導いただき、優秀句にお選びいただきまして
                                                                                                                                      有難うございました。
                                                                                                                                          No.220◆:発表 [2001年2月7日 12時5分29秒]

                                                                                                                                          第158回句会(2月6日)入賞発表/高橋信之選

                                                                                                                                          第158回句会(2月6日)の最優秀句、優秀句は、
                                                                                                                                          下記に決定しました。おめでとうございます。

                                                                                                                                          入賞句についての句評、入賞についての伝言等を該当句
                                                                                                                                          の下に<レス>を使って書き込んで下さい。

                                                                                                                                          ▼選者詠/高橋信之
                                                                                                                                          春立ちて野山に光るもの多し
                                                                                                                                          春浅き風に吹かれるしばらくは
                                                                                                                                          池を越え吹きくる風の囀りと
                                                                                                                                          Res>◆:追加発表/日野正人 [2001年2月7日 23時54分34秒]

                                                                                                                                          最高点句/3点

                                                                                                                                          ★川の瀬の音広々と山笑う/碇英一
                                                                                                                                              No.219◆:発表 [2001年2月7日 12時4分56秒]

                                                                                                                                              最優秀
                                                                                                                                              裏庭に萌黄色して蕗の薹/堀佐夜子
                                                                                                                                              Res>◆:堀佐夜子 [2001年2月7日 16時37分6秒]
                                                                                                                                              信之先生、最優秀句にお選び頂き有難う御座います。
                                                                                                                                              蕗の薹は昔、庄屋さんだったお屋敷の裏庭に毎年顔を
                                                                                                                                              出しては春を告げてくれます。
                                                                                                                                                  No.218◆:発表 [2001年2月7日 12時4分34秒]

                                                                                                                                                  優秀
                                                                                                                                                  春浅き樹に寄り見える空も山も/相原弘子
                                                                                                                                                  Res>◆:相原弘子 [2001年2月7日 14時36分31秒]
                                                                                                                                                   信之先生、優秀句にお選びいただきありがとうございました。
                                                                                                                                                      No.217◆:発表 [2001年2月7日 12時4分10秒]

                                                                                                                                                      優秀
                                                                                                                                                      川の瀬の音広々と山笑う/碇 英一
                                                                                                                                                      Res>◇:碇 英一 [2001年2月7日 19時12分58秒]
                                                                                                                                                      信之先生優秀句にお選びいただきありがとうございました。
                                                                                                                                                      弘子さん、萬地郎さん、康子さん選句ならびにコメントありがとうございました。
                                                                                                                                                      佐夜子さん、晃さん「春の鴨」の句選句ありがとうございました。
                                                                                                                                                      休日なにもしないでボンヤリ猪名川の堤に坐って、春を思いながら作りました。
                                                                                                                                                          Res>◆:霧野萬地郎 [2001年2月7日 14時28分15秒]

                                                                                                                                                          春の川の瀬は水嵩も増し、川幅も広がり、流れる川音が変化
                                                                                                                                                          する。山をバックに春の情景が上手く表現されています。
                                                                                                                                                              Res>◆:岩本康子/転記 [2001年2月7日 14時23分35秒]

                                                                                                                                                              まだ、少し早いような気もするのですが、作者の耳に春の
                                                                                                                                                              川の音が聞こえたのだと思います。 山や川に早くこんな春
                                                                                                                                                              が来てほしいです。
                                                                                                                                                                  No.216◆:発表 [2001年2月7日 12時3分47秒]

                                                                                                                                                                  優秀
                                                                                                                                                                  浅蜊汁殻のふれ合う椀澄めり/藤田洋子

                                                                                                                                                                  Res>◆:藤田洋子 [2001年2月7日 22時9分2秒]
                                                                                                                                                                  信之先生、選んでいただきありがとうございます。
                                                                                                                                                                  弘子さんコメント、俊郎さん選句いただきありが
                                                                                                                                                                  とうございます。日々少しずつ感じる春の訪れが
                                                                                                                                                                  嬉しいですね。
                                                                                                                                                                      Res>◆:相原弘子 [2001年2月7日 14時27分23秒]

                                                                                                                                                                      なんのこだわりもなく春の喜び、明るさが伝わります。浅蜊
                                                                                                                                                                      汁の香が漂います。

                                                                                                                                                                       
                                                                                                                                                                          No.215◆:発表 [2001年2月7日 12時3分19秒]

                                                                                                                                                                          優秀
                                                                                                                                                                          畦にもう春が来ている犬ふぐり/北村ゆうじ
                                                                                                                                                                          Res>◆:岩本康子 [2001年2月7日 20時26分19秒]
                                                                                                                                                                          「春が来た」の歌を思い出しました。
                                                                                                                                                                          はーるがきーた、はーるがきーた、どこにーきーた。 やーまにきー
                                                                                                                                                                          た、さーとにきーた、畦にきーた。
                                                                                                                                                                              No.214◆:発表 [2001年2月7日 12時2分56秒]

                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                              ストーブに寄りて話せば母丸し/守屋光雅

                                                                                                                                                                              Res>◇:八木孝子 [2001年2月7日 22時10分2秒]
                                                                                                                                                                              ストーブの傍でお母様との会話のひとときをもちながら
                                                                                                                                                                              親孝行をなさっていらっしゃるご様子が目に浮かぶようです。
                                                                                                                                                                              お母様がお元気で一層の長寿の生活を楽しまれますように
                                                                                                                                                                              お祈りいたします。
                                                                                                                                                                                  Res>◆:守屋光雅 [2001年2月7日 17時46分27秒]
                                                                                                                                                                                  お選び頂き誠にありがとうございます。
                                                                                                                                                                                  母は1909年(明治42)年生まれ,若い時,神戸で製図工をしていたことを誇りに昨日の如く話しています。記憶力は良く,手紙も書きます。小生の俳句を激励する唯一の人です。ありがたいことです。
                                                                                                                                                                                      No.213◆:発表 [2001年2月6日 9時56分16秒]

                                                                                                                                                                                      第157回句会(2月5日)入賞発表/高橋信之選

                                                                                                                                                                                      第157回句会(2月5日)の最優秀句、優秀句は、
                                                                                                                                                                                      下記に決定しました。おめでとうございます。

                                                                                                                                                                                      入賞句についての句評、入賞についての伝言等を該当句
                                                                                                                                                                                      の下に<レス>を使って書き込んで下さい。

                                                                                                                                                                                      ▼選者詠/高橋信之
                                                                                                                                                                                      芽木となる気配が雨の降る山に
                                                                                                                                                                                      どの枝にも芽の勢いのふくらみを
                                                                                                                                                                                      春浅き雨降り竹の真青なる
                                                                                                                                                                                      Res>◆:追加発表/日野正人 [2001年2月8日 0時2分19秒]

                                                                                                                                                                                      最高点句/4点

                                                                                                                                                                                      ★ここからも確かに芽吹きと分かる木々/大谷悦子
                                                                                                                                                                                          No.212◆:発表 [2001年2月6日 9時55分17秒]

                                                                                                                                                                                          最優秀
                                                                                                                                                                                          ここからも確かに芽吹きと分かる木々/大谷悦子


                                                                                                                                                                                          作者の位置がはっきりしているのがいい。「ここからも
                                                                                                                                                                                          確かに」がいい。「芽吹き」の春である。(評:高橋信
                                                                                                                                                                                          之)
                                                                                                                                                                                          Res>◆:大谷悦子 [2001年2月6日 12時0分18秒]
                                                                                                                                                                                          信之先生 最優秀句にお選びいただきコメントをいただきまして
                                                                                                                                                                                          有難うございました。感謝申し上げます。
                                                                                                                                                                                          ゆうじ様 選句いただきまして有難うございました。
                                                                                                                                                                                          けいじ様 萬地郎様 高男様 選句とコメントを有難うございました。
                                                                                                                                                                                              Res>◆:古田けいじ [2001年2月6日 10時8分4秒]

                                                                                                                                                                                              窓から見た銀杏並木の枝も黄色でした。なんとか句にと思
                                                                                                                                                                                              ったのですがこう詠めば言いのですね。
                                                                                                                                                                                                  Res>◆:霧野萬地郎 [2001年2月6日 10時7分20秒]

                                                                                                                                                                                                  いよいよ芽吹きの季節です。その様子が上手く詠まれ、早
                                                                                                                                                                                                  春の雰囲気が出ていると思います。
                                                                                                                                                                                                      No.211◆:発表 [2001年2月6日 9時52分3秒]

                                                                                                                                                                                                      優秀
                                                                                                                                                                                                      ソプラノの声澄み渡る春浅し/霧野萬地郎
                                                                                                                                                                                                      Res>◆:霧野萬地郎 [2001年2月7日 20時8分1秒]
                                                                                                                                                                                                      信之先生、優秀句に選んで頂き有難うございます。高男さん、、選句コメント感謝します。
                                                                                                                                                                                                          Res>◆:伊嶋高男 [2001年2月6日 10時10分56秒]

                                                                                                                                                                                                          マクベス夫人のソプラノは、日本人離れをした声量で観客
                                                                                                                                                                                                          を魅了しましたね。舞台の内と外を<春浅し>がうまく結
                                                                                                                                                                                                          んでいると思います。
                                                                                                                                                                                                              No.210◆:発表 [2001年2月6日 9時51分40秒]

                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                              蕗味噌や湯気立ち上がる炊飯器/北村ゆうじ
                                                                                                                                                                                                              Res>◆:古田けいじ [2001年2月6日 10時9分4秒]

                                                                                                                                                                                                              蕗味噌や湯気立ち上がる炊飯器 ゆうじ
                                                                                                                                                                                                              炊き立てのご飯に蕗味噌をのせて、おっとその前にちょっ
                                                                                                                                                                                                              とだけお酒を、というゆうじさんの夕食ですね。
                                                                                                                                                                                                                  No.209◆:発表 [2001年2月6日 9時51分22秒]

                                                                                                                                                                                                                  優秀
                                                                                                                                                                                                                  霽れて下萌サイレンは夕べ告ぐ/相原弘子
                                                                                                                                                                                                                  Res>◆:相原弘子 [2001年2月6日 15時7分18秒]
                                                                                                                                                                                                                   信之先生、優秀句にお選びいただきありがとうございました。
                                                                                                                                                                                                                      No.208◆:発表 [2001年2月6日 9時51分2秒]

                                                                                                                                                                                                                      優秀
                                                                                                                                                                                                                      春光の渦くるくると雲迅し/阪本登美子
                                                                                                                                                                                                                      Res>◇:八木孝子 [2001年2月7日 22時25分32秒]
                                                                                                                                                                                                                      海と空の対比が見事です。湘南の春光の煌く海面はもう春ですね。
                                                                                                                                                                                                                          Res>◆:守屋光雅 [2001年2月6日 10時9分58秒]

                                                                                                                                                                                                                          季語〈春光〉を上手く活かした,海・空の広がりのある句
                                                                                                                                                                                                                          です。いつも海を観察している作者ならではの作品のよう
                                                                                                                                                                                                                          に思います。
                                                                                                                                                                                                                              No.207◆:発表 [2001年2月6日 9時50分39秒]

                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                              冬の芝フットワークの音軽し/多田有花
                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:多田有花 [2001年2月6日 13時1分22秒]
                                                                                                                                                                                                                              信之先生、優秀句にお選びいただきありがとう
                                                                                                                                                                                                                              ございました。真冬のテニスコートの情景を
                                                                                                                                                                                                                              詠んでみました。
                                                                                                                                                                                                                                  No.205◆:発表 [2001年2月5日 9時6分41秒]

                                                                                                                                                                                                                                  第13回橘句会(2月4日)入賞発表/高橋正子選

                                                                                                                                                                                                                                  第13回句会の最優秀句、優秀句は、下記に決定しました。
                                                                                                                                                                                                                                  おめでとうございます。

                                                                                                                                                                                                                                  入賞・俳句についての伝言・コメントを該当句の下に
                                                                                                                                                                                                                                  <レス>を使って書き込んで下さい。

                                                                                                                                                                                                                                  デイリー句会での信之先生選入賞句は、割愛しました。

                                                                                                                                                                                                                                  ▼選者詠/高橋正子
                                                                                                                                                                                                                                  蕗一本ありて厨の寒の明け
                                                                                                                                                                                                                                  春の蕗提げし我にも風が付く
                                                                                                                                                                                                                                  水張られ水の浅蜊の色あおし
                                                                                                                                                                                                                                  No.204◆:発表 [2001年2月5日 9時5分34秒]

                                                                                                                                                                                                                                  最優秀
                                                                                                                                                                                                                                  日の射してかげりて白鳥群れ動く/八木孝子


                                                                                                                                                                                                                                  白鳥の真っ白い羽にある陰影が、とても美しい。
                                                                                                                                                                                                                                  日がさ
                                                                                                                                                                                                                                  せば、あたたかな白に、翳れば青い白に変わる。白鳥の
                                                                                                                                                                                                                                  動きも見事に捉えられている。(評:高橋正子)
                                                                                                                                                                                                                                  Res>◆:岩本康子 [2001年2月6日 5時3分43秒]
                                                                                                                                                                                                                                  孝子様、白鳥に出会われてからのたくさんの秀句、大変素晴らしいと思います。 この句も大変好きで印象に残りました。
                                                                                                                                                                                                                                  また、別の、鴨と白鳥が一緒に群れている平和な朝、を詠まれた句も好きでした。
                                                                                                                                                                                                                                      Res>◇:八木孝子 [2001年2月5日 17時3分36秒]
                                                                                                                                                                                                                                      正子先生、最優秀句にお選びくださリありがとうございました。
                                                                                                                                                                                                                                      講評によって句を深めてくださりとてもうれしく思います。
                                                                                                                                                                                                                                      白鳥たちにもありがとうを言いたいです。
                                                                                                                                                                                                                                          No.203◆:発表 [2001年2月5日 9時5分12秒]

                                                                                                                                                                                                                                          優秀
                                                                                                                                                                                                                                          雪柳早くも花舗に置かれいて/堀佐夜子

                                                                                                                                                                                                                                          Res>◆:堀佐夜子 [2001年2月5日 16時11分20秒]
                                                                                                                                                                                                                                          正子先生、有難う御座います。
                                                                                                                                                                                                                                          花屋さんには何時も綺麗な花が一足も二足も早く
                                                                                                                                                                                                                                          出回るんですね。
                                                                                                                                                                                                                                              No.202◆:発表 [2001年2月5日 9時4分52秒]

                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                              土起こす畑に降り初む春の雨/藤田洋子

                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:藤田洋子 [2001年2月5日 23時3分11秒]
                                                                                                                                                                                                                                              正子先生、選んでいただきありがとうございます。
                                                                                                                                                                                                                                              添削していただき句がよくなりました。
                                                                                                                                                                                                                                                  No.201◆:発表 [2001年2月5日 9時4分34秒]

                                                                                                                                                                                                                                                  優秀
                                                                                                                                                                                                                                                  耐寒走足取り重しまた軽し/多田有花

                                                                                                                                                                                                                                                  Res>◆:多田有花 [2001年2月6日 12時57分33秒]
                                                                                                                                                                                                                                                  正子先生、優秀句にお選びいただきありがとう
                                                                                                                                                                                                                                                  ございました。高校生が近くの道路を走っている
                                                                                                                                                                                                                                                  姿をよく見かけます。ある子は軽々と、ある子
                                                                                                                                                                                                                                                  は重そうに、人それぞれだなと思いながら詠み
                                                                                                                                                                                                                                                  ました。
                                                                                                                                                                                                                                                      No.200◆:発表 [2001年2月5日 9時4分10秒]

                                                                                                                                                                                                                                                      優秀
                                                                                                                                                                                                                                                      春立つ日ミルクは熱めの窓辺かな/大谷悦子
                                                                                                                                                                                                                                                      Res>◆:大谷悦子 [2001年2月5日 18時10分41秒]
                                                                                                                                                                                                                                                      正子先生 お選びいただき有難うございました。
                                                                                                                                                                                                                                                      季節の移り変りの速さに今更ながら驚いています。
                                                                                                                                                                                                                                                          No.199◆:発表 [2001年2月5日 9時3分52秒]

                                                                                                                                                                                                                                                          優秀
                                                                                                                                                                                                                                                          小さき蕾小さき桜草につく/祝恵子

                                                                                                                                                                                                                                                          Res>◆:祝恵子 [2001年2月5日 12時45分41秒]
                                                                                                                                                                                                                                                          正子先生、お選び頂きありがとうございます。
                                                                                                                                                                                                                                                          大谷様、岩本様、選句とコメントを頂き,あたたかい
                                                                                                                                                                                                                                                          おことばをありがとうございます
                                                                                                                                                                                                                                                              No.198◆:発表 [2001年2月5日 9時2分36秒]

                                                                                                                                                                                                                                                              第156回句会(2月4日)入賞発表/高橋信之選

                                                                                                                                                                                                                                                              第156回句会(2月4日)の最優秀句、優秀句は、
                                                                                                                                                                                                                                                              下記に決定しました。おめでとうございます。

                                                                                                                                                                                                                                                              入賞句についての句評、入賞についての伝言等を該当句
                                                                                                                                                                                                                                                              の下に<レス>を使って書き込んで下さい。

                                                                                                                                                                                                                                                              ▼選者詠/高橋信之
                                                                                                                                                                                                                                                              <松山梅津寺>
                                                                                                                                                                                                                                                              近寄って梅の匂いに包まれる
                                                                                                                                                                                                                                                              見下ろして海があり梅林があり
                                                                                                                                                                                                                                                              春立ちて海に広さと自由がある
                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:追加発表/日野正人 [2001年2月5日 22時3分14秒]

                                                                                                                                                                                                                                                              最高点句/5点

                                                                                                                                                                                                                                                              ★豆まきや善男善女の掌が開く/古田けいじ
                                                                                                                                                                                                                                                                  No.197◆:発表 [2001年2月5日 9時1分44秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                  最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                  豆まきや善男善女の掌が開く/古田けいじ


                                                                                                                                                                                                                                                                  「掌が開く」は、川柳的な表現とも取れるが、俳句の写
                                                                                                                                                                                                                                                                  生と解し、明日が立春の開放感を読み取った。こだわり
                                                                                                                                                                                                                                                                  を捨てた「善男善女」の開放感がいい。(評:高橋信之)
                                                                                                                                                                                                                                                                  Res>◆:守屋光雅 [2001年2月5日 9時52分28秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                  福豆を受ける風景〈掌が開く〉が好いですね。誰もが
                                                                                                                                                                                                                                                                  幸せになりたいと思う庶民的風景です。
                                                                                                                                                                                                                                                                      No.196◆:発表 [2001年2月5日 9時1分17秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                      優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                      鮮やかな緑散らせて菜飯かな/碇 英一
                                                                                                                                                                                                                                                                      Res>◇:碇 英一 [2001年2月5日 11時38分39秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                      信之先生優秀句にお選びいただきありがとうございました。
                                                                                                                                                                                                                                                                      職場のデイサービスセンター(重度心身障害者)の給食に
                                                                                                                                                                                                                                                                      菜の緑の鮮やかな菜飯が出た時のものです。
                                                                                                                                                                                                                                                                          No.195◆:発表 [2001年2月5日 9時0分43秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                          優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                          寒の餅焼けば故郷が匂い来る/安丸てつじ

                                                                                                                                                                                                                                                                          Res>◆:安丸てつじ [2001年2月5日 22時37分18秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                          優秀句に選んで頂き有難うございます。光雅様、高男様心温まるコメント有難うございます。北陸の実家から例年寒餅を送ってくれます。豆餅、草餅、こごめ等とりどりで楽しいものです。
                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:守屋光雅 [2001年2月5日 9時51分50秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                              子供の頃お餅はご馳走でしたから,特にこの想いがあ
                                                                                                                                                                                                                                                                              り,同感します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                  Res>◆:伊嶋高男 [2001年2月5日 9時51分3秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                  お餅大好き人間にはたまりませんね。寒餅の風習もだ
                                                                                                                                                                                                                                                                                  んだん薄れて来ている様です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                      No.194◆:発表 [2001年2月5日 9時0分19秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                      優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                      さくら芽木枝先雨滴溜めて揺れ/目見田郁代

                                                                                                                                                                                                                                                                                      Res>◆:目見田郁代 [2001年2月5日 16時53分7秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                      信之先生お選び戴きまして有難う御座いました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                      雨滴が落ちると枝先は小さなバウンドして楽しそうでした。
                                                                                                                                                                                                                                                                                          No.193◆:発表 [2001年2月5日 8時59分50秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                          優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                          ポケットに春の歳時記青表紙/霧野萬地郎
                                                                                                                                                                                                                                                                                          Res>◆:霧野萬地郎 [2001年2月6日 9時58分38秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                          信之先生、優秀句に選んで頂き有難うございます。孝子さんのコメント嬉しく感謝致します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                          歳時記は角川文庫を愛用しております。カバーに書店が青春、朱夏、白秋、玄冬、そして、新年は金色を付けてくれました.
                                                                                                                                                                                                                                                                                          それから、孝子さんには、3日の節分の句にもコメントを有難うございました.
                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◇:八木孝子 [2001年2月5日 17時7分56秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                              立春の日、ポケットの歳時記も春になる。
                                                                                                                                                                                                                                                                                              「青表紙」がとても具体的で、俳句が日常になっている
                                                                                                                                                                                                                                                                                              活き活きした生活が伝わってきます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  No.192◆:発表 [2001年2月5日 8時59分26秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  パンジーの花鉢真緑春立つ日/吉田 晃
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  No.191◆:発表 [2001年2月4日 9時3分46秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  第12回橘句会(2月3日)入賞発表/高橋正子選

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  第12回句会の最優秀句、優秀句は、下記に決定しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  おめでとうございます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  入賞・俳句についての伝言・コメントを該当句の下に
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  <レス>を使って書き込んで下さい。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  デイリー句会での信之先生選入賞句は、割愛しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  ▼選者詠/高橋正子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  高層のドアを春の空へと開け
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  ストーブの電気の熱の身に移る
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  貝汁にふれて三つ葉の香のつよき
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  No.190◆:発表 [2001年2月4日 9時2分37秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  寒明けの風に噴き出す木瓜の紅/武清子


                                                                                                                                                                                                                                                                                                  寒明けは、また立春である。このときを待ち兼ねたように
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  木瓜の枝に、紅の蕾が噴き出す。「噴き出す」に清新な心
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  がある。(評:高橋正子)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  No.189◆:発表 [2001年2月4日 9時2分12秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  春立つやペアのスニーカー風を切り/田中年恵
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  Res>◆:高橋正子 [2001年2月5日 7時19分45秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  春を待ちかねたように、おそろいのスニーカーでさっそう
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  歩いています。ご自分か、それともそんな人たちを見たの
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  でしょうか。とても気持ちが晴々する句ですね。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                      No.188◆:発表 [2001年2月4日 9時1分50秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                      優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                      凍解けの土もたげつつ蕗のとう/鈴木照子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                      Res>◆:高橋正子 [2001年2月5日 7時21分23秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                      春を真っ先に、告げてくれる蕗のとうが、いきいきと描か
                                                                                                                                                                                                                                                                                                      れています。土の中から、やっと出た蕗のとうの浅緑が、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                      目に鮮やかです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                          No.187◆:発表 [2001年2月4日 9時1分20秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                          優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                          すがすがし花向き向きに水仙花/小森まさこ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                          Res>◆:高橋正子 [2001年2月5日 7時22分31秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                          「花向き向きに」が、水仙の花の特徴をよく、言い当てて
                                                                                                                                                                                                                                                                                                          いると思います。清潔な水仙の花に、すがすがしさを感じる
                                                                                                                                                                                                                                                                                                          ひとは、多いでしょうね。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.186◆:発表 [2001年2月4日 9時0分56秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                              春隣り今日は違う絵皿だす/祝恵子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:祝恵子 [2001年2月4日 21時50分25秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                              正子先生、お選び頂きましてありがとうございます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                              右田様、選句して頂きありがとうございます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                              伊嶋様、選句並びにコメントをありがとうございます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                              少し気分を変えてみようかな、と 思いました。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  No.185◆:発表 [2001年2月4日 9時0分28秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  工場の煙まっすぐな寒の朝/多田有花
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  Res>◆:多田有花 [2001年2月4日 13時0分37秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  正子先生、優秀句にお選びいただきありがとう
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  ございました。康子さん、コメントありがとう
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  ございました。風が無い朝はよく冷えているん
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  ですよね。煙がすーっと立ち昇っている日は
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  車のガラスに一面霜の花、です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      Res>◆:岩本康子 [2001年2月4日 10時6分45秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      工場の煙は私もよく目にする光景です。 それをどう句に詠むかは私にとっても課題です。 寒の朝と真っ直ぐな煙の取り合わせがいいと思います。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          No.184◆:発表 [2001年2月4日 8時8分41秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          第155回句会(2月3日)入賞発表/高橋信之選

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          第155回句会(2月3日)の最優秀句、優秀句は、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          下記に決定しました。おめでとうございます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          入賞句についての句評、入賞についての伝言等を該当句
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          の下に<レス>を使って書き込んで下さい。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          ▼選者詠/高橋信之
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          節分の豆噛んで戦さのない日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          しらしら暁けて立春の明るさに
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          立春の水の勢い蛇口より
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          Res>◆:追加発表/日野正人 [2001年2月5日 0時13分55秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          最高点句/6点

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          ★雲低き野に息吹あり猫柳/安丸てつじ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.183◆:発表 [2001年2月4日 8時7分43秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              春浅し長靴はもう乾く頃/大谷悦子


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              二月三日の節分は、まだ冬の季節で、この日の「春浅し
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              」は、当季雑詠ではない。俳句結社や俳壇では、許され
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ないことだが、作者の気持ちを第一に考え、選句した。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              「もう」は、生きた言葉。(評:高橋信之)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:大谷悦子 [2001年2月4日 9時52分58秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              信之先生 最優秀句にお選びいただきとても嬉しく
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              感謝申し上げます。ご指導いただき有難うございました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.182◆:発表 [2001年2月4日 8時7分18秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              谷からの水音のして風花す/古田けいじ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:けいじ [2001年2月4日 11時1分28秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ▲ : http://www.bea.hi-ho.ne.jp/kfuruta/
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              選句いただき有り難うございます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              光悦寺は京都の西の山にあり、光悦垣などで名高いそうです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              人は余り来ていませんでした。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              静かで、谷の音が登ってきて、ちょうどお昼の鐘が鳴り、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              細かい雪が舞っていました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.181◆:発表 [2001年2月4日 8時6分58秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              節分の海は静かに色落とす/霧野萬地郎
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◇:八木孝子 [2001年2月4日 21時54分11秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              「静かに色落とす」に冬の終わりと一日の終わりとの
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              両方の思いが込められて節分の情緒を深めているように思います。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:霧野萬地郎 [2001年2月4日 21時7分0秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              信之先生、選んで頂きまして、有難うございます
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              悦子さん、有花さん、コメント感謝致します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:多田有花 [2001年2月4日 12時56分22秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              春が来たという喜びをしみじみと感じさせる
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              穏やかな句だと思います。「色落とす」という
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              表現がいい。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:大谷悦子 [2001年2月4日 11時10分38秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              暮れ行く穏やかな海の色に、風に、春を確かめている
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              作者を感じます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.180◆:発表 [2001年2月4日 8時6分41秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              白鳥のしぶきまるごと羽ばたけり/八木孝子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◇:八木孝子 [2001年2月4日 16時55分0秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              信之先生、優秀句にお選びくださりお礼申し上げます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              康子様、悦子様、選句とコメントをありがとうございました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ゆたか様、コハクチョウの句への選句とコメントをありがとう
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ございました。光雅様、きっかけをくださり感謝しています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              光雅さんの白鳥の句をたくさん鑑賞させていただき、白鳥の飛来
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              している池に、北へ帰るまでの間に是非一度言ってみたいと思って
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              おりました。光雅さんがお撮りになった高松の池の白鳥の写真を見
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              せていただき、白鳥への思いが更に強くなり、家族の車で昨日、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              それが実現しました。白鳥の群れとその声を聞いた時には、感激
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              しました。実際の自然に触れるのが一番だと実感しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              今日は写真を見ながらまだ余韻に浸っています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:大谷悦子 [2001年2月4日 11時3分52秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              白鳥の大きな美しい羽ばたき、水飛沫は一層その美しさを
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              引き立たせたことでしょう。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:岩本康子 [2001年2月4日 9時25分13秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              談話室にも書き込みましたが、この句の光景を目にしたことのない者にも映像美を感じさせる迫力ある句だと思います。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.179◆:発表 [2001年2月4日 8時6分21秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              年の豆五つならべてにっこにこ/野田ゆたか
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:守屋光雅 [2001年2月4日 8時50分49秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              年の数だけ食べるのですよと言われて,右から食べようか,
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              左からと子供らしいしぐさ・表情があります。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.178◆:発表 [2001年2月4日 8時6分2秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              豆撒を終えて闇より仄かな香/右田俊郎
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:岩本康子 [2001年2月4日 9時34分10秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              どんな豆を撒かれたのでしょうか? 煎った豆の香ばしいかおりが豆撒きのあと仄かにしてきた。豆撒きを少し違った角度から捉えられていると思います。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.177◆:発表 [2001年2月3日 9時27分59秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第11回橘句会(2月1,2日)入賞発表/高橋正子選

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第11回句会の最優秀句、優秀句は、下記に決定しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              おめでとうございます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              入賞・俳句についての伝言・コメントを該当句の下に
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              <レス>を使って書き込んで下さい。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              デイリー句会での信之先生選入賞句は、割愛しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ▼選者詠/高橋正子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              蓮根の湿れる土の鉛色
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              芽木を行き紺の制服まぎれない
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              節分の鬼面に昔波音す
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.176◆:発表 [2001年2月3日 9時27分36秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              風花や湯呑みは父の手に深く/大谷悦子


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              父親の深いあたたかさを感じさせてくれる句。風花の
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              季語がしっかりしてよい。(評:高橋正子)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◇:八木孝子 [2001年2月3日 21時55分8秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              風花の舞うふるさと、お父様の手に深くある湯呑み、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              お父様へのあたたかいまなざしと愛情があふれています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:大谷悦子 [2001年2月3日 19時30分45秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              正子先生 最優秀句にお選びいただき有難うございました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              感謝申し上げます。無口な父ですがとても嬉しそうでした。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.175◆:発表 [2001年2月3日 9時27分13秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              久々に連れ立つ母の手袋は藍/大谷悦子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:大谷悦子 [2001年2月3日 19時48分33秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              正子先生 優秀句にお選びいただき有難うございました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              俳句を作っていると母は少し寂しそうにするので上の空に
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ならない様、しっかり話し相手を務めました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.174◆:発表 [2001年2月3日 9時26分55秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              お遍路の菜の花を行く沖の青/八木孝子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◇:八木孝子 [2001年2月3日 17時30分48秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              正子先生、優秀句に選んでいただきありがとうございました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ドラマ「菜の花の沖」の画面を見て心動かされてつくりました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              正子先生のアドバイスをいただいて何度か推敲したおかげです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.173◆:発表 [2001年2月3日 9時26分16秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              芽麦伸ぶ畦を踏みつつ人は来る/相原弘子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:相原弘子 [2001年2月3日 14時38分11秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               正子先生、優秀句にお選びいただきありがとうございました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.172◆:発表 [2001年2月3日 9時25分58秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              福の豆柊も買い影先に行く/目見田郁代
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:目見田郁代 [2001年2月3日 18時51分39秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              正子先生お選び戴きまして有難う御座いました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              節分ともなると陽射しが明るく心地良くなりました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.171◆:発表 [2001年2月3日 9時25分37秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              降る雨の暖かき音聞いている/堀佐夜子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:堀佐夜子 [2001年2月3日 15時25分30秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              正子先生、優秀句にお選び頂き有難う御座います。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.170◆:発表 [2001年2月3日 9時23分9秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第154回句会(2月2日)入賞発表/高橋信之選

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第154回句会(2月2日)の最優秀句、優秀句は、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              下記に決定しました。おめでとうございます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              入賞句についての句評、入賞についての伝言等を該当句
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              の下に<レス>を使って書き込んで下さい。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ▼選者詠/高橋信之
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              寒雀啼き夕食の買物に
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              明日節分のそら豆の葉の厚さ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              寒半月の透ける薄さを中空に
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:追加発表/日野正人 [2001年2月5日 0時19分20秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              最高点句/6点

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ★雪晴て駆け出したくなる海の音/大谷悦子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.169◆:発表 [2001年2月3日 9時22分2秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              青きもの寒の張り持つ厨なる/碇 英一


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              身近な生活を詠んで佳句。寒の清冽さ。(評:高橋信之)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◇:碇 英一 [2001年2月3日 19時37分34秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              信之先生、最優秀句にお選びいただき過分な句評をいただきありがとうございました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              萬地郎さん選句とコメントを、郁代さん正人さん選句を、ありがとうございました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:霧野萬地郎 [2001年2月3日 9時33分31秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              朝一番の台所は火の気の無い寒さで空気が引き締まって
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              いる。青きものもみえるが、その寒さで、新鮮さを保っ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ている。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.168◆:発表 [2001年2月3日 9時21分41秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              冬オリオン生まれる人も逝く人も/多田有花
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:多田有花 [2001年2月3日 10時20分43秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              信之先生、優秀句にお選びいただき、ありが
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              とうございました。添削もありがとうござい
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ました。光雅さん、コメントありがとうござ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              いました。夜空の星を見上げると、悠久の時
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              の流れというものを感じます。そういう感覚
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              を詠みました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:守屋光雅 [2001年2月3日 9時34分21秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              暦は宗教によって違うらしい。キリストは2001年,
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              仏暦は2543年,イスラムは1421年。人間は宗教
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ・民俗を超えて,星の下で生死を繰り返している。句意
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              は深いところにあるように思う。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.167◆:発表 [2001年2月3日 9時21分13秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              冬の海もこんなにきれいと母の声/大谷悦子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:大谷悦子 [2001年2月3日 19時18分48秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              信之先生 優秀句にお選びいただき感謝申し上げます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              友花様 郁代様 栄一様 俊郎様 お選びいただき有難う
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ございました。康子様 萬地郎様 弘子様 佐夜子様 孝子様 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              高男様 選句とコメントを有難うございました。感激です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              いつも想い描いている故郷の海そのままの美しい海でした。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:岩本康子 [2001年2月3日 9時35分38秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              お母様と美しい冬の海を見られての感動がそのまま直接
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              素直に伝わってきます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.166◆:発表 [2001年2月3日 9時20分52秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              濡れ縁に葉濃き白蕪届きいる/古田けいじ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:けいじ [2001年2月4日 11時5分57秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ▲ : http://www.bea.hi-ho.ne.jp/kfuruta/
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              選句いただき有り難うございました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              定年後の家庭菜園からいただきました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              葉っぱの緑と、蕪の白さが印象的でした。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.165◆:発表 [2001年2月3日 9時20分31秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              裸木の二月の空に枝を伸ばし/岩本康子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:岩本康子 [2001年2月3日 21時4分51秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              碇様、日野様、選句を有難うございました。 今の時期は、ある日は大変冬らしかったり、またある日は、春めいていたりで、俳句を作るのに大変苦労します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:岩本康子 [2001年2月3日 20時11分0秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              信之先生、お選びいただき有難うございます。 昨日の下関は寒は締まっているけれども、春の到来を告げる明るい光に満ちた一日でした。 裸木がその明るい空に光を求めて枝を伸ばしていました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.164◆:発表 [2001年2月3日 9時20分9秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              合格を伝えきし子に輪ができる/八木孝子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◇:八木孝子 [2001年2月3日 17時24分55秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              信之先生、優秀句に取り上げていただきありがとうございました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              昨年、卒業した教え子が英語の文字の入った大学の合格証を持って
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              学校へ報告にきました。その笑顔を囲んで教職員たちが喜びを分か
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ち合いました。自分も輪の中のひとりになり、この句が出来ました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.163◆:発表 [2001年2月2日 8時22分22秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第153回句会(2月1日)入賞発表/高橋信之選

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第153回句会(2月1日)の最優秀句、優秀句は、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              下記に決定しました。おめでとうございます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              入賞句についての句評、入賞についての伝言等を該当句
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              の下に<レス>を使って書き込んで下さい。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ▼選者詠/高橋信之
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              どの顔も二月に入る明るさに
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              水仙の絵の掛けてある側を通る
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              寒灯の真下の分厚き電話帳
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:追加発表/日野正人 [2001年2月2日 20時51分23秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              最高点句/4点

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ★水たまり子ら次々と跳ぶ二月/藤田洋子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.162◆:発表 [2001年2月2日 8時21分43秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              寒禽の赤い実にきて鳴き合える/岩本康子


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              「寒禽」と「赤い実」は、対称的なイメージだが、その
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              繋がりが、はっきりしている。「寒禽」が「赤い実」を
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              啄ばむ、その関係がはっきりしている。「鳴き合える」
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              に作り手の思いが込められている。(評:高橋信之)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:岩本康子 [2001年2月2日 21時38分12秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              信之先生、最優秀句にお選びいただき、とても嬉しいです。 春を詠まれる方が多い中で、寒禽だとか、紅い実だとか、もう季節外れの句ではないかと思いましたが、実際に職場の窓からよく目にする光景で、くろがねもちという木に鳥がよく来るのです。 紅い実は冬のはじめから、ずっとついていて、鳥の楽園になっています。 その近くには寒椿も咲いていて、仕事に疲れた心を休ませてくれます。 日に日に一歩一歩春に近づいているようです。 私の俳句もそうありたいと思います。 どうぞ、宜しくお願い致します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.161◆:発表 [2001年2月2日 8時21分11秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              水たまり子ら次々と跳ぶ二月/藤田洋子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:藤田洋子 [2001年2月2日 21時14分8秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              信之先生、選んでいただきありがとうございます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              弘子さん、光雅さん、コメントありがとうございます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              雨上がりの日差しの明るさが嬉しい昨日でした。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:相原弘子 [2001年2月2日 8時35分8秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              下校時でしょうか。水たまりを見つけたら、おそらく
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ひとわるさ。足を突っ込んでみたりそれを跳ばなくて
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              も道幅はあるでしょうに。春がそこまできた開放感の
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              声が響きます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:守屋光雅 [2001年2月2日 8時32分59秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              水たまりに映る子供の姿が好いです。躍動感があり,明るい
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              声が響きます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.160◆:発表 [2001年2月2日 8時19分34秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              寒月や言葉少なに通夜の客/多田有花

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:多田有花 [2001年2月2日 13時9分20秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              信之先生、優秀句にお選びいただきありがとう
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ございました。この句は知り合いの息子さんの
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              お通夜に出席した時のことを詠んだものです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              若い方のお通夜というのはつらいものです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.159◆:発表 [2001年2月2日 8時19分16秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              屈み見る藁の囲いの寒牡丹/霧野萬地郎
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:霧野萬地郎 [2001年2月2日 21時18分38秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀句、有難うございました。俊郎さんの3句へのコメント嬉しく思います。光雅さんの選句
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              コメントと晃さん選句、ありがとうございます。先般の雪の清澄庭園の寒牡丹をデジ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              カメ写真で思い出しながらの句でした。牡丹の名前ではありません。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:守屋光雅 [2001年2月2日 8時35分59秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              お年寄りが寒牡丹を観賞している姿を想像します。花が豪華ですから思わず声が出てしまいます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.158◆:発表 [2001年2月2日 8時18分58秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              おごそかに霜育ちたる朝の玻璃/碇 英一
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◇:碇 英一 [2001年2月2日 21時33分57秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              信之先生、優秀句にお選びいただきありがとうございました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              有花さんコメントいただきありがとうございました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              霜には雪にない光と凝縮性があり少し大げさかな思いながらも
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              この句になりました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:多田有花 [2001年2月2日 9時14分51秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              寒い朝の窓はまさにこういう感じですね。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              朝の寒気が感じられる句だと思います。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.157◆:発表 [2001年2月2日 8時18分38秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              水温む泥鰌の潜る泥煙り/右田俊郎
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:右田俊郎 [2001年2月3日 0時58分13秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              信之先生、優秀句にお選び下さり有り難うございます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              伊嶋さん選句を有り難うございます。碇さん評をお寄せ下さり有り難うございました。冬の句を沢山詠んでおこうと思いつつ、待春の情押さえ難く春の句に目が行ってしまいます。近くに小川があって、散歩の途上で、脅すつもりはないのですが、芹をそっと持ち上げると泥煙が立ちました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◇:碇 英一 [2001年2月2日 21時42分39秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              好きな句です。微妙な感覚が研ぎ澄まされ、それをたおやか
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              に詠まれていてすごいと思いました。今の季感を冬とするのか
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              春とするのか、季語によるのか季感によるのか揺れ動いて選句
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              いたしませんでした。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.156◆:発表 [2001年2月1日 9時56分55秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第10回橘句会入賞発表/高橋正子選

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第10回句会の最優秀句、優秀句は、下記に決定しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              おめでとうございます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              入賞・俳句についての伝言・コメントを該当句の下に
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              <レス>を使って書き込んで下さい。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              デイリー句会での信之先生選入賞句は、割愛しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ▼選者詠/高橋正子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ふっくらとフリージャ大きな蕾もち
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              春近き日矢奥部屋の天井に
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              寒晴るる篁もっとも日を受けり
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.155◆:発表 [2001年2月1日 9時44分34秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              登山靴履きたるままの牡蠣雑炊/多田有花


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              牡蠣雑炊のあつあつの温さに、山の寒さ冷たさも凌げる
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              。どっしりとした「登山靴」のように、牡蠣雑炊もしっ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              かりおなかに収まって温かである。(評:高橋正子)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:多田有花 [2001年2月1日 12時59分24秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              正子先生、最優秀句にお選びいただきありが
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              とうございました。雪山から帰る道すがら、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              立ち寄ったドライブインで食べた牡蠣雑炊の
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              おいしさを思い出しながら作りました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.154◆:発表 [2001年2月1日 9時44分14秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              箱根山富士のよく見え枯れ柏/田中美代子


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              しっかりと枝についたまま枯れている柏の葉の色と、箱
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              根や富士山の遠い山の青い色の対比がよいです。また、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              柏の木と、遠い山の遠近がよく出ているので、よい景色
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              になっていると思います。(評:高橋正子)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.153◆:発表 [2001年2月1日 9時43分41秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              鮟鱇なべ始め看板の文字太し/中山久次


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              看板の太い文字が、「鮟鱇鍋」の美味しそうで、温かい
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              感じをよく出していると思います。この店なら、入って
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              みようかという気にもなりますね。(評:高橋正子)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.152◆:発表 [2001年2月1日 9時43分16秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              村人と木賊不動のだるま市/平木道雄


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              だるま市で、村の人と縁起のよい話しでも交わされたの
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              でしょうか。楽しくて、元気の湧く俳句ですね。(評:
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              高橋正子)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.151◆:発表 [2001年2月1日 9時42分57秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              水仙の咲く角を通る何回も/祝恵子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:祝恵子 [2001年2月1日 21時16分5秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              正子先生、おとりあげ頂き有難う御座います。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              この水仙は蕾を出した時から楽しませてもらいました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              お家の方と水仙に有難うと声を掛けておきます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.150◆:発表 [2001年2月1日 9時42分34秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              補助輪を外してチリン春が鳴る/堀佐夜子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:堀佐夜子 [2001年2月1日 10時24分5秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              正子先生、お取り挙げいただき有難う御座います。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              俊郎様、光雅様、孝子様、けいじ様お選び頂き嬉しいです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              皆様のコメントを面映ゆく読ませて貰いました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              小さい時には私も挑戦はしましたが乗れませんでした。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:右田俊郎 [2001年2月1日 10時1分6秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              「春が鳴る」に、子供の得意げな表情、見守る親御さんの嬉し
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              そうな様子、そして堀さんの微笑む姿まで、全てが込められて
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              いるように思います。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:守屋光雅 [2001年2月1日 10時0分35秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              下五の〈春がなる〉がいいですね。春の開放感が詠まれていて
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              明るい。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:八木孝子 [2001年2月1日 9時59分59秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              子どもの自転車の練習でしょう、補助輪を外した喜びにチリン
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              とベルを鳴らす子ども、ベルは春が鳴るようです。とても明る
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              く、かわいい、佐夜子さんならではの作品と思います。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:古田けいじ [2001年2月1日 9時58分30秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              やっと自転車に、補助輪なしで乗れるようになったのだろうか。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              チリン、に春の喜びを感じている作者である。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.149◆:発表 [2001年2月1日 0時26分17秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第152回句会(1月31日)入賞発表/高橋信之選

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第152回句会(1月31日)の最優秀句、優秀句は、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              下記に決定しました。おめでとうございます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              入賞句についての句評、入賞についての伝言等を該当句
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              の下に<レス>を使って書き込んで下さい。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ▼選者詠/高橋信之
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              救急箱置かれ寒夜の濃き影を
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              暖房の空気の流れ来るところ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              寒夜更けて厨の砂糖きらきらす
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:追加発表/日野正人 [2001年2月2日 20時44分20秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              最高点句/4点

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ★日脚伸ぶブランコ高く水平へ/霧野萬地郎
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.148◆:発表 [2001年2月1日 0時25分27秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              蝋梅の枝の明るさ空に置き/目見田郁代


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              レベルの高い佳句。「蝋梅」は、冬、葉に先だって黄色
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              の花弁を開くので、「枝の明るさ」とは、上手い表現で
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              あり、その写生を、「空に置き」が完成する。(評:高
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              橋信之)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:目見田郁代 [2001年2月1日 13時18分53秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              信之先生
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              お選び戴きまして有難う御座います。句評戴き句が
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              深くなり嬉しく拝見しております、春待つ日々のなか
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              蝋梅の凛とした明るさに足を止め暫し見上げておりました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.147◆:発表 [2001年2月1日 0時25分5秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              日脚伸ぶブランコ高く水平へ/霧野萬地郎
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:霧野萬地郎 [2001年2月2日 21時17分25秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀句の選んで頂き、有難うございました。英一さんの選句コメント、正人さん、ゆ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              うじさんの選句、感謝いたします。お礼が遅れて申し訳ありませんでした。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:碇 英一 [2001年2月1日 10時4分46秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              日の暖かが少しもどった屋外での、冬の寒さからの開放感
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              を感じます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.146◆:発表 [2001年2月1日 0時24分44秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              どうだんの冬芽真昼の陽を溜めて/古田けいじ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Res>◆:けいじ [2001年2月1日 23時54分44秒]
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ▲ : http://www.bea.hi-ho.ne.jp/kfuruta/
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀句に取り上げていただき有り難うございます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              仕事の通り道にある庭園に入ってみました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              赤い芽が、本当に無数。小さいけどきれいでした。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              No.145 ◆:発表 [2001年2月1日 0時24分21秒]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              春泥を跳ね上げ子らの駈ける土手/右田俊郎
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第151回最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              雪すべて降らせてもどる空の蒼/戸原 琴
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第150回最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              しんしんと時深めゆく春の雪/阪本登美子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第149回最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              揺れるたび水仙の香の窓に入る/日野正人
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第148回最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              貝は殻を固く光らせ春近し/相原弘子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第147回最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              日当たりて冬の柏の葉芽を抱く/北村ゆうじ 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第146回最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              冬空を渡る縦線高圧線/碇 英一
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第145回最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              春近し明るい花を仏壇へ/北村ゆうじ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第144回最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              池真中寒鯉の居てそこに空/守屋光雅
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第143回最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              馬走る同一円や冬の馬場/碇 英一
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第142回最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              寒餅を搗き上げ空の美しき/野田ゆたか
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第141回最優秀
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              幹濡れて芽の膨らみに水を抱き/目見田郁代