NPO法人水煙ネット


■高橋正子の書評/句集を読む■

▼句集
篠崎圭介句集『花』糸瓜社2004年3月刊岡本のりを句集『やさしき狼』近代文芸社2000年6月刊朝吹英和句集『青きサーベル』ふらんす堂2003年4月刊野田ゆたか句集『行く春』2003年8月刊西垣 脩著『西垣 脩句集』角川書店昭和54年6月刊碇 英一句集「冬満月」藤田洋子102句集霧野萬地郎句集「サファリ」北村ゆうじ句集「初商い」相原弘子句集「気流」

▼俳書
藤田真一著『蕪村』岩波新書●小野圭一朗著『句碑を訪ねて歩くおくのほそ道』朝日文庫● 




■篠崎圭介句集『花』■
(糸瓜社/2004年3月7日刊
 274頁/定価3000円+税)

篠崎圭介句集『花』は、桜ばかり二三三句からなる句集で、花の季節が
待たれる著者の誕生日の三月七日を刊行としている。あとがきに言う。
五十歳代から作り始めた桜の句は、当時の心境もあってか、美しさより
も妖しさや異様、いわば暗い側面に目がむきがちだった。還暦を過ぎた
ころから、素直に対し、虚心で桜と向き合い、そこに生じる何かを丁寧
に見とどけたい。桜の諸相をとらえることを、壮年から老年にいたる一
人の男の内面がいささかでも表現されているだろうか、と。つまり、著
者は、桜に対峙し、壮年から老年にいたる一人の男の内面を表現しよう
と意図したのである。そのために、桜を訪ねる旅もする。その意図に誘
われ、桜の二三三句を読めば、新古今のような、幽かな世界を広げる。
そこに男の内面をいかように汲み取ろうか。すでに魂は幽かである。魂
はこの世を抜けて冷ややかに存在する。ここにあるのは、正岡子規の革
新した俳句の近代ではない。正岡子規の革新によって俳句はあたらしく
近代の文学としの命を吹き込まれたのであるが、愛媛の俳句を代表する
著者の句は、まさに新古今の再評価ということであろうか。日本の美の
美しき再現にしばし時を止められる思いである。

夕桜われとどまれば揺れにけり
濤音の月日のしだれざくらかな
桜暮れたり暮れ残るもののなし
桜ひともと点るごとしや国ざかひ
法皇山(ほうおう)の襞に雪置くさくらかな
夜のさくら鳥が溺れに来てをりぬ
岬の風捨身の花と言うべしや
全山さくらぞ溺れたし溺れるべし
山のこぶし山のさくらと咲きて土佐
花了えしさくらの影にしてそよぐ
ももさくらあんず遠嶺に雲なき日
鳥の来て朝日子も来て花三分
旅遠し日暮れの色のさくら見て
月出るらし桜千本さんざめく
風の桜ことに日裏の吹かれゐる
北国の夜空のあをき桜かな
湖のしづけさ花のしづけさもて囲む
花了へし木のしづけさよ背をもたす
みづうみの北のはづれの桜の芽
影をしづかに置けり冬木の桜なる
(2004.2.5)

■岡本のりを句集『やさしき狼』■
(近代文芸社/2000年6月30日刊
 94頁/定価1800円+税)

 句集の題名『やさしき狼』は、「立春の雪犬は狼を夢見て」とい
う句があるから、著者自身のこととしてよいだろう。著者は、愛大
俳句会の出身。学生時代の松山の街と俳句を捉えて次にように言う
。「物憂く時間が止まったように流れるこの街には、なにか頼りな
げな俳句という文芸がよく似合う。」と。のりを作品にも、なにか
頼りなげで、物憂い感情がつきまとうのは確かである。その物憂い
感情のなかで、友一人、自分一人、というところに帰ると、そこか
らは、向こうや未来が見えてくるのである。青草に残る生の在り処
を確かめたくなるような句である。

野の風呂や悲しみの数星の数
温もりごと脱ぐセーターや海匂う
見送りし少女の振る手春つかみ
山下りし修験道者の手にすみれ
青き踏むわが影の匂いして
友一人来たりて寒の水を汲む
砂の数かぞえ木枯らし沖に死ぬ
水仙の切り口楕円のままたばね
筆置いて湯気立つ向こうのさびしさか
長き夜の指は眼鏡の玉を拭く
花冷えの冷えの重さは野仏に
山に入り山に汚れて青葉光
(2004.2.1)

■朝吹英和句集『青きサーベル』■
(ふらんす堂/2003年4月28日刊
 180頁/定価2400円+税) 

 端的に言えば、「精神の高みを句表現へ」、ということであろう。
あとがきにある「常に自らを戒める剣を携えた精神の騎士でありたい
」という「青きサーベル」なのである。句を始める以前に、音楽によ
って会得された素養としての高い精神があって、それを、俳句でどの
ように表現していくかが、ひとつの重要な課題となっているのであろ
う。当然ながら、空間と時間を満たす音のなかに、高い精神性を読む
。バッハの音楽に満ちる「時の完熟」感を冷やす唐辛子の色。息を吹
き込まれたフルートの音色が、冬の地平を開いてゆくときの室内にあ
る薔薇。実際の音楽を聴くような楽しみがあって、配された唐辛子、
冬薔薇の象徴性によって俳句となったといってよい。ヴィオロンの音
色を三葉芹に象徴させる句は上田敏の訳詩集「海潮音」の時代を思わ
せるような雰囲気で、小品を聴く楽しさに似ている。楽器の音色を言
葉に置換して成功しているのも著者ならではのことだろう。
 もうひとつの傾向として、先に述べた句に劣らず、それらの句に混
じって、むしろこちらの方が自然への切り込みが深く、「写実から象
徴へ」という草田男の教えが生きていると言っていいと思うが、静か
な輝きをもつ句がある。それらの句は、日本人の底流にある個の内面
のさびしさや揺れを、西洋と日本が微妙に混じる少し不安定で繊細な
語で、感性的に表現している。読むのに感性を必要とされる句集であ
るが、精神の高みへと読者を誘ってくれる久しぶりの句集である。印
象に残る15句を挙げる。

バッハ鳴る時の完熟唐辛子
フルートの開く地平や冬薔薇
風花の風間に現れし十字架(クルス)かな
重奏の金管沈む冬の水
ヴィオロンの幽けき震へ三葉芹
中空にフルート抜けし花辛夷
水兵の縦列美しき五月来る
畳屋の糸引き締めよ草雲雀
剣山に怒涛の雪解ありぬべし
母の忌の雪解雫の頻りなる
罷り出る太郎冠者から陽炎へり
走禽の鋼の腱や春田打つ
軒下に晒す産着や秩父春
種浸す水やはらかく眠りけり
帰省子の浮き足並ぶ夜汽車かな
(2004.1.25)

■野田ゆたか句集『行く春』■
(水煙俳句叢書第6巻/東京四季出版/2003年8月10日刊
188頁/定価2700円)

 触れ合うものへの人間愛

 野田ゆたかさんの句歴は、ほぼ四十年に渡
るが、長女誕生のころから、定年を迎えた後
までの、大阪府警の警察官としての人生の一
路が正中を得て俳句に結晶した充実の句集で
ある。寡黙な句でありながら、どこかユーモ
アがあり、職場を詠みながらも、人情刑事物
語を繙くような楽しみがある。警察官として
、世の隅の人の話にもよく耳を傾け、身上を
思いやる人間愛が、四季の移り変わりを捉え
るうちに、うまく表現されている。触れ合う
人を詠んで温かいのである。
 初射撃正中を射て空真蒼
 浮浪者の語る身の上片紅葉
 監房の窓一枚の良夜かな
 ばりばりと図面を広ぐ寒灯下
 また、妻や子、両親を詠んだ家族愛には、
家庭人とし、市民としての良い生活が詠まれ
、生活が即ち良い句となっている。
 初髪や妻に育児の日々ありて
 幼子が雛の牛車を欲しがりぬ
 母の日やしみじみ母の丸き爪
 寒餅を搗き上げ空の美しき
 こうした生活のなかで、劇症肝炎の闘病か
らの復帰を経て、自己への目が一層深くなり
、張りのある前向きの句となっている。野球
観戦や釣り、住まいのある京都周辺もよく詠
まれ、旅の句はことに心境に潤いがある。
 定年の闘志再び木の芽風
 ラガーらの声押し戻し生駒山
 人の手に触るることより新豆腐
(2003.11.20)


戻る